良い家を安く建てるためのコストダウンをやっていますか?

今日は、コストダウンについて

 

考えてみます。 

 

なぜ、ローコスト住宅に悪いイメージを持っていた私が、

 

「建築費のコストダウン」に興味を持つようになったのか?

 

そのヒントは、ハウスメーカーの仕事をしてきた私自身の中にありました。

 

それはほんとに単純ではあるけど、とても重要な気付きでもあったのです。

 

 

それは・・・

 

「自分だったら、いい家を安く、欲しいですもん」

 

です。

 

 

私は家づくりのサポートをして工務店と一緒に実際に家を建てています。

 

実際に作業するのは大工さんやその他の業者さんです(笑)

 

 

そしてもし、誰かがいい家を安く建てるためのノウハウを売ってたら、

 

それを欲しいと思います。

 

 

考えてみたら当たり前。

 

 

これから家を欲しい方が良い家を建てたいとか、もっと安く建てたい、

 

と思うのは当然のことです。

 

あなたももそう思いませんか? 

 

 

例えば、ローコスト住宅をホイホイと買って「騙された、安くなかった」

 

と思っている人も、良い家建てたいという欲求が全くなかった

 

わけではありません。

 

 

ただ単に安い家が欲しかったのではありません。

 

 

同じような、商品や情報が氾濫しどれを選んだらいいのか分からず

 

ただ安いだけの家を選んだにすぎません。

 

 

最近、良い家を適切な価格で建てたい。

 

このように考える人が増えてきています。

 

まあ、当たり前の欲求ですが・・・

 

 

良い家は建てたい、しかし安い家の欲求をなくしているわけではありません。

 

 

単にただ安いだけの家は欲しくないという価値観が変わってきているだけです。

 

 

「今から建てる人は安く建てたいという欲求がないわけではありません」

 

「ただ単に、家づくりの価値観が変わっただけ」

 

「良い家をできるだ安く建てたい」と。

 

 

 

 

それはローコスト住宅はもう要らないとか、そういったことではありません。

 

だってあなたも家を建てるならできるだけ安く建てたいでしょう。

 

家づくりの価値観は時と共に変化していくものです。

 

 

今の自然素材や健康住宅のブームも自然の変化の一つにすぎません。

 

単に安い材料を使ったローコスト住宅はもうブームが過ぎてしまった感じです。

 

今は超ローコストでも長期優良住宅並みの性能がなければいけないような時代。

 

 

家づくりは変化していくものですから、それに合わせていけばいいのです。

 

では、こういう良い家を安く建てたいという欲求において、

 

「良い家を安く建てる」ためには何が必要なのか?

 

 

今までの常識をどう変えればいいのか?

 

例として大きく2点を紹介しましょう。

 

 

1.長期間対応可能な家を建てること

 

一般にローコスト住宅と言われる家の対応年数が約25年程度

 

と言われています。

 

25年程度で建て替え若しくは大規模なリフォームが必要だと言う事です。

 

もし、対応年数を2倍の50年にした家を建てたら、どうでしょう。

 

価格はローコスト住宅の2倍高くても、2倍長持ちするので同じ価格

 

になるのです。

 

 

当たり前ですが、「見た目だけ」とか、「大手のブランドだけ」

 

といった、ことで家を建ててしまうと、長持ちする価値のある家は

 

建てられません。

 

なぜなら長持ちする家を建てつづけたら仕事に困るからです。

 

 

 

 

2.財産になる家を建てること

 

今の木造住宅の価値は25年もするとゼロに等しくなります。

 

家を売るにも大したお金にはならないと言う事です。

 

イギリスやアメリカなどでは、中古住宅が活発に売り買いされています。

 

それも古くなれば古くなるほど財産価値があるといわれています。

 

 

長い間、人が住んできたということは、間取りも使いやすく、

 

壁や床もしっかりした本物が使われているということで評価

 

されているのでしょう。

 

 

古くなればなるほど重厚に味や風合いが出てくる家が高値で

 

売買されていると思います。

 

 

現代の日本の家に使われているビニールクロスや石油製品を使った家

 

では「財産価値」を到底望むことはできません。

 

 

 

最近の住宅で使われるビニールクロスや合板の床板、

 

サイディングを使った家が10年も経過すると、

 

汚く古びけるのはなぜでしょうか?

 

 

塗り壁や無垢の木が何十年経っても良く見えるのはなぜでしょうか?

 

それは本物だけが持つ特権みたいなもので、使えば使うほど、

 

時がたてば経つほど風合い、味、趣が出てくるからでしょう。

 

ニセモノが多い建築業界、できるだけコストを下げて本物の家を

 

作ろうではありませんか。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net