些細なことを気にすることがコダワリ?

住宅相談に来られる人の中で

 

たま~に家づくりにコダワリがないという人がいます。

 

 

家づくりにコダワリがない!

 

ではなぜ住宅相談に来るのか。

 

 

家づくりにコダワリがない人は

 

賃貸のアパートか家賃と同じくらいの

 

支払いで済むローコストの建売で十分です。

 

 

無理して、注文住宅を建てることはありません。

 

家づくりや家そのものにコダワリがないのですから。

 

 

住むところがあればどこでもいいのです。

 

アパートでも建売でも・・・

 

 

逆に家づくりにコダワリがある人は

 

依頼先を間違わないようにしたいものです。

 

 

例えば、

 

自然素材の家が良い人は、自然素材の家を

 

専門に扱っている会社に依頼することが、

 

ベストで間違っても工業製品の建材ばかりを

 

使っている会社では思うようにいきません。

 

 

住み心地が良い家を欲しい人は、高断熱や気密性能

 

が良くなくては始まりません。

 

 

隙間から冷気や暖気が自由気ままに(笑)出入りするような

 

高断熱や気密性能を無視した粗悪な家では、到底省エネの

 

住み心地が良い家は作ることはできません。

 

 

あなたの家づくりのコダワリはなんですか?

 

 

これをハッキリすることがあなたの家づくりの

 

方向性を決めるポイントです。

 

 

また失敗しない家づくりの秘訣でもあるのです。

 

 

 

 

ところで家づくりには関係ない話ですが

 

 

本来「こだわる」とは、些細なことをいつまでも気にする。

 

 難癖をつける。けちをつける。

 

などマイナスイメージの言葉だそうです。

 

 

最近になり

 

素材にこだわる。

 

この方法にこだわる。

 

この考えにこだわりを持っている。

 

などプラスのイメージで使われるようになったと知りました。

 

言葉がどうであれ

 

私はトコトン住み心地にコダワッテいます(笑)

 

 

 

 

 

良い家とはどのような家でしょうか?

 

多分いろいろな答えがあるかも知れませんが

 

私のコダワリは2つ。

 

1、住み心地

 

2、自然素材

 

この2つにコダワリを持って家づくりをしています。

 

住み心地とは夏涼しく冬暖かい、結露やカビ、ダニが発生しない

 

健康住宅です。

 

もう一つ。

 

自然素材のコダワリは無垢の木と塗り壁にコダワリます。

 

デザインや見た目にはそれほどコダワリはありませんが

 

住み心地と自然素材にはトコトンこだわっています。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net