家づくりの情報を上手に使おう

家づくりで“成功する”には何が大切でしょうか?

 

何を重要とするかは人それぞれかもしれません。

 

しかし、もっとも重要なのは、信頼関係ではありませんか?

 

営業マンとの信頼関係。

 

家づくりに関わる、設計士、現場監督、社長、との信頼関係。

 

全ての人と信頼関係を築く事ができれば、

 

きっと満足できる家づくりになるでしょう。

 

 

ところで

 

インターネットが浸透したことで、メールマガジンやホームページ、

 

ブログなど、ネットからの情報発信が増えましたよね。

 

 

昔に比べ情報収集が簡単にでき、とても便利になりました。

 

便利なんですが、その情報は“すべて正しい”わけではないんです。

 

たぶんあなたも、そんな事はわかっていると

 

思いながら情報収集していませんか?

 

 

その中で、見極める事って本当に難しいですよね。

 

私もいろんなメルマガを読んだり、家づくりの専門家に話を聞いたり、

 

本を読んだり、インターネットで検索したり、あらゆる方法で情報収集をします。

 

ハウスメーカーや工務店などの営業マンを見ると、

 

自社の製品や工法ばかり薦めて、他社の製品や工法の悪い所を並べ立てます。

 

 

書籍にしても、一般論を述べているようでいて、

 

暗に特定の製品や工法を薦めているようなものもあります。

 

今まで家づくりを勉強してきたあなたならわかると思いますが、

 

すべての事にメリットとデメリットがありますよね。

 

 

一方からしか見ないというということは、よく見ているようで

 

実は目隠しをしているようなもの。

 

とても怖いことなんです。

 

 

 

仕入れた情報がツギハギ状態?!

 

 

ですから、仕入れた情報を色々な角度から見て判断することが大切です。

 

ですが、もし、あなたが

 

「断熱と工法に関してはかなり勉強したから、大抵のことなら知っている。

 

 

だから騙されたり失敗したりは、絶対にありません!!」

 

というような、“情報収集屋or勉強熱心なタイプ”だとすれば

 

注意して欲しいことが2つあります。

 

 

 

まず1つ目。

 

そういうタイプの人は、たぶん直接工務店に依頼して家を建てる

 

場合が多いでしょうが、トラブルになるケースも多いそうです。

 

情報収集し勉強してきたのに、なぜでしょう?

 

簡単に言うと仕入れた情報が“ツギハギ状態”だからなんだそうです。

 

 

単なる情報が『種』とすると、この種にあなたとあなたの家族が

 

エッセンス『水』をまくのです。

 

 

そうすると、あなただけの家づくりの『花』が咲くんです。

 

でも、“情報収集屋or勉強熱心なタイプ”の人は、たくさんの種を

 

集められるだけ集めます。

 

 

育て方なんかわからないままに・・・。

 

そして、とにかくエッセンスをふりまいてしまいます。

 

すると、どうなるでしょうか?

 

 

 

 

家づくりの情報をたくさん集め、それなりに勉強してきたあなた。

 

ただ基本的なことが分かっていないと・・・

 

上手く芽がでなかったり、育たなかったり、花は咲いても

 

思い描いていた花ではなかったり。

 

「こんなはずじゃなかったのに・・・」となってしまうんです。

 

一生懸命勉強してこの結果じゃあ、悲しいですね。

 

何事も基本が大事だということです。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。