家づくりの最初の一歩

家を初めて建てる方は、まず何をしたら良いのか?

工法を選ぶ?依頼先を見つける?土地を探す?

いえいえどれも間違いです。


あなたがやるべきことは?


あなたが望む住まいとはどんな住まいなのか?

あなたはその住いでどのような暮らしをしたいのか?

ここに尽きます。

まず、計画を立てる。



食事に行くときも、まず何を食べるか決めますよね。

焼肉、ラーメン、うどん、定食、すし・・・

食べたいものが決まったら、行くとこもある程度決まり

その候補の中から、どこの店で食べるかを決めます。

それと同じです。


ここが決まらない内に、完成見学会やモデルハウスを見に行き

しつこい営業を受け、ズルズルと契約までさせられているという

ケースも多いのです。

まんまと、建築会社の敷いたレールを走らされ契約というゴール

まで後ろから押されて走るということになります。


なのでどのような家でどのような暮らしがしたいのかを

きっちり計画を立てる。


そこがまとまって初めて次の段階です。


そこを決まったら次に依頼先を探す段階に入りましょう。


そして

本当にいい家を安い価格で建てようと思うなら

依頼先選びは慎重にしなければなりませんし大事です。


建て主と建築業者という垣根を越え、家づくりのパートナー

として、同じ目標、家づくりに努力しなければなりません。


家選びはパートナー選びでもあるんですね。

建て主と建築業者が良きパートナーとして、一緒に

家づくりを考えなければ、良い家を安価で建てることは

けしてできません。


逆に信頼できるパートナーが見つかれば、家づくりの成功は

かなり高い確率です。


プロに任せるところは任せ、建て主が考えなければいけないところは

時間を惜しまず勉強し知識を得る。

効率的かつ将来の幸せに向かう家づくりを

是非してもらいたいものです。

 

 

発行者

佐賀県嬉野市 建築サポート 高井


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net