気に入らなければ他で建てればいい

建築サポートの家づくりは他社さんと違うところが

たくさんあります。

 

分離発注、見積もりで建築費を決めるのではなく

施主の予算の中で仕様や家の大きさを決める。

施主と私たち業者は対等で施主をお客さん扱いはしない。

もちろん私たちが上ということもないのであくまで対等な関係

で家づくりをする。

 

また、建築サポートの仕事は施工や設計ではなくいい材料を使っても安く

できるようにすることで、いろいろな対策をしています。

また、設計、施工、材料仕入れを分離発注で対応しているので

施工や設計を全て私が責任を持ってチェックし管理できるものでもなく、

それぞれの担当者、会社が自分の請け負った業務に対して責任を持って

仕事します。

 

しかし、中には施工や設計のちょっとしたミスを私の責任として

追及されることもたまにあります。

このような方との家づくりはできません。

疲れてしまいます。

 

もちろん窓口は建築サポートで私ですので、施工や設計のことも

言っていただいてもいいですし、対応はしますが、私が請け負う仕事以上の対応や

責任を負わされることはいい家を安く作るため、予算内に納めるために一生懸命

考え今のようなやり方が一番いいのではと思って

やっている私としては、どう考えても受け入れることはできません。

 

建築サポートはこのような方針や体制やり方で家づくりをしているので

これが気に入らない方、価値観が違う方は他の建築会社、工務店で

家づくりをされてください。

 

お互い気持ちいい楽しく家づくりができる関係でないと

お互い不幸です。

人生は楽しむため。

そして人に喜んでいただけることが人生の目的だと私は

思っています。

 

 

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net