新築住宅はお金がかかる。無い袖は振れない

私の家づくりの予算の配分は他の建築会社と大きく違います。

 

建築の予算からまずとるのは、材料費そして施工費

そして施主さんのコダワリを実現させるための費用を取ります。

 

それから

その残りが建築サポートのサポート料です。

 

あまりに建築予算が少ない場合、建築サポートのサポート料が

満足に出ない場合がたまにありますが、その時は品質やコダワリに

関係ない部分を安くしたりしてサポート料の確保をします。

 

そうすることで予算オーバーすること無く施主さんの希望の家が

希望の価格で出来るということです。

 

こういうことも建築サポートの会社が小さくて

固定費や会社の運営費が多くかからないからできることです。

大手建築会社では絶対真似できない家づくりですね。

 

お施主さんにもっと建築費を上げてもらわないと良い家はできませんよ

と言いたいくらい安い予算もありますが、そこは私のサポート力

腕の見せ所でしょうか。

 

無い袖は振れないということもありますのでそれは仕方ないことです。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net