新築住宅はお金がかかる。無い袖は振れない

私の家づくりの予算の配分は他の建築会社と大きく違います。

 

建築の予算からまずとるのは、材料費そして施工費

そして施主さんのコダワリを実現させるための費用を取ります。

 

それから

その残りが建築サポートのサポート料です。

 

あまりに建築予算が少ない場合、建築サポートのサポート料が

満足に出ない場合がたまにありますが、その時は品質やコダワリに

関係ない部分を安くしたりしてサポート料の確保をします。

 

そうすることで予算オーバーすること無く施主さんの希望の家が

希望の価格で出来るということです。

 

こういうことも建築サポートの会社が小さくて

固定費や会社の運営費が多くかからないからできることです。

大手建築会社では絶対真似できない家づくりですね。

 

お施主さんにもっと建築費を上げてもらわないと良い家はできませんよ

と言いたいくらい安い予算もありますが、そこは私のサポート力

腕の見せ所でしょうか。

 

無い袖は振れないということもありますのでそれは仕方ないことです。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。