家を買うから高くなる。作れば安くなる。

昔は家は買うものではなく作るものでした。

それが今は家が商品化して買うものになってきました。

車や電化製品のように家も買うものになった。

買う人がいれば当然売る会社があります。

 

家を売る会社は当然自分が売りたい金額で売ります。

ちゃんと利益もとって。

家は買うものではありません。

 

家はご家族の経済状況や支払能力、家づくりの考え方、将来の生活に合わせて

つくるものです。

ご家族の身の丈に合った住まいで健康に幸せに暮すことが

大事です。

DSC04025


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net