建築資金に余裕があるならメーターモジュール!ギリギリの予算なら尺モジュール!

 

間取りを考える時にメーターモジュールとか

尺モジュールという言葉を聞いたことがありませんか?


メーターモジュールとは1間の長さが2mで

尺モジュールというのは1間の長さが1.82m(6尺)ということです。

私が自分の家を建てたときは、6尺3寸を1間として建てました。

ちょうどメーターモジュールと尺モジュールとの中間的な長さですね。


で、どちらが良いかというと、ケースバイケースで

一概にどちらが良いということは言えません。


メーターモジュールのメリットは廊下やトイレの幅が

尺モジュールに比べて9センチ

広くなります。尺モジュールでは狭く感じられる場所が

廊下やトイレなどですので

そこが広くなるということです。

ま~部屋も広くなります。


デメリットは廊下や部屋の面積が増えることで、

全体の建築費が上がるということです。

建築費に余裕があり、広い敷地に家を建てるなら、

メーターモジュールのほうが良いでしょう。


尺モジュールは

1,82mX1,82m=3.3124㎡が1坪になります。

メーターモジュールは

2mX2m=4㎡が1坪です。


大まか2割くらいの違いがあるわけです。

同じ間取りでも尺モジュールからメーターモジュールにすると

2割面積が増えます。


増えた分が建築費が上がるということですね。

確かに尺モジュールは廊下やトイレ、階段の幅が狭いと感じるので

メーターモジュールにしたいという考えは私も持っていますが、

コストアップを考えるとなかなかメーターモジュールを標準的に

採用するわけにもいかないというのが現状です。



尺モジュールもメーターモジュールも

サッシや内装建具の数量は変わらない!

しかし、基礎工事や屋根工事の面積は増える!

床材や壁材の材料も多くなる!


全体の建築費は上がる!

見かけの坪単価は安くなる!


ローコストメーカーがメーターモジュール

普通の工務店は尺モジュールというのが多いです。

価格をちょっと比べると


尺モジュールで


30坪X50万円=1500万円

かかるとして、

メーターモジュールにしたら

36坪に面積が大きくなり、建築費用が

1500万円+150万円(面積が増えた分)=1650万円

1650万円÷36坪で割ると

坪単価が45.8万円になった!

なるほど、同じ間取りの家でも、メーターモジュールにすれば

見かけの坪単価が安くなるわけだ。


メーターモジュールは家が広くなるのはメリットですが、

建築費用が上がるのはデメリットという訳ですね。


あなたならメーターモジュールと尺モジュール

どちらを採用しますか?

 

 

 

そもそも坪単価とは目安

 

坪単価が安い?

 

坪単価が高い?

 

 

家の価格は基礎工事や大工工事、左官工事などの工事費によって決まります。

 

最近は欠陥住宅た金銭トラブルも増えていると聞きました。

 

多くの場合、適正な価格で家を作らないから欠陥住宅や金銭トラブルが

 

発生します。

 

 

「価値のあるものは高いし、価値が少ないものは安い。」

 

 

この当たり前のことが分かっていない又は出来ていない家づくりは

 

問題が生じるのです。

 

 

全ての物には価値と価格のバランスが大切なのです。

 

価値のある良い家は高い。

 

その当たり前のことが分かっていない施主、業者が多いと感じています。

 

 

ただ、家の場合は価格が何千万円となるため金銭感覚が麻痺してくるのもわかります。

 

そして2000万円が高いと思うか安いと思うか。

 

これも人それぞれということです。

 

適正価格も人それぞれだから、私たち作り手も好き勝手に価格を決めていいというかと言うと

 

そんなことはありません。

 

 

やはり、価格の根拠と価格の不明瞭な部分をなくし、キチンと開示する必要があるのです。

 

そして価格の開示は私たち施工業者がキチンと施工できる証でもあるんです。

 

 

私が工事費を算出するときのベースになる価格とは?

 

適正な工事費の根拠とは?

 

お答えしましょう。(笑)

 

 

1・全国の各専門業者の工事単価の平均

 

2・基礎工事や大工工事などの専門業者にコスト的な負担をかけない金額

 

3・アフターメンテナンスを含め健全な会社維持ができるだけの費用

 

この3つが適正な工事価格の根拠となっています。

 

 

もちろんこの根拠は各会社で大きく違う事でしょう。

 

その中でも特に大事なのは2番目の

 

「コスト的な負担をかけない金額」は丁寧にキチンと施工できることを

 

目標においています。欠陥住宅のほとんどが過剰なコスト削減が原因です。

 

誰しも、適正な工事費があれば手抜きなどしません。

 

 

住宅会社「今は競争見積もりばかりで受注するのが大変な時代だ。この金額でやれ」

 

下請け業者「こんな安い価格では出来ませんよ」

 

住宅会社「出来なければ他の業者やらせるぞ」

 

「この不景気・安い金額でやる業者は他にたくさんいるんだぞ」

 

下請け業者「わ、わ、わかりました。きちんと施工できるかどうか保証できませんがやってみます・・・・」

 

 

あ~どうなる建築業界。。

 

 

 

 

 

価格の根拠、開示をする目的は

 

施主、工務店、下請けが対等の立場でそれぞれの責任を

 

果たすものとする。

 

建築情報の開示とは

 

1・建築材料の説明

 

2・建築価格の公開

 

3・住宅性能の説明

 

この3つです。

 

あなたも正直な価格、当たり前の家づくりで資産価値の高い家を手に入れてくださいね。

 

 

デザイン住宅、自然素材住宅、高断熱住宅、エコ住宅はこちら

https://www.wood-eco-style.com/

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net