自然素材のメンテナンスは面倒?

現在、普通の家を建ててくださいっと建築業者に言うと

 

合板フローリングとビニールクロスの内装の家になります。

 

 

合板フローリングとビニールクロスの家は呼吸しないので

 

結露の原因になったり敏感な人の場合シックハウスの心配もあります。

 

 

そこで化学物質を含まない、無垢の木や塗り壁、布クロスなどの

 

自然素材を使った家が本物の家として一番いいですよと、

 

私は勧めるんですが自然素材を使った場合、メンテナンスが大変そう。

 

と時々言われます。

 

 

見かけと価格を重視される方は、新建材。

 

多少高くても本物が良いという方は自然素材を選ばれますが

 

自然素材はメンテナンスが大変!

 

という思いこみをしている方が多いのにびっくりしています。

 

 

逆に本物の材料ならメンテナンスはほとんど必要ありません。

 

確かに昔は、床板が反ったり、隙間が大きく開いたりしていたんですが

 

その原因は材料が乾燥していないために起こっていました。

 

 

しかし、最近では乾燥技術も発達して気になる程、床板が反る、

 

隙間が開くということはほとんどありません。

 

 

そりゃー自然素材は呼吸したり湿気を吸ったり吐いたりしているので、

 

少しは反ったり、隙間ができる場合もあるかもしれません。

 

それは、自然素材の特徴ですし、味でもあるのですが、それが気になる人は

 

やはり新建材の合板フローリングがそのような人には合っています。

 

 

自然素材はメンテナンスが大変というのは一昔前の話ですので

 

安心して自然素材を使っていただきたいと思います。

 

 

ただ、外壁に塗り壁を使う時は地域や場所によっては、

 

カビや汚れが目立ちやすいので

 

洗浄などをしなければなりません。

 

 

最近では、外壁に使用する塗り壁にもカビにくい!

 

汚れにくい!

 

という新しいタイプの塗り壁も出てきているようです。

 

 

自然素材はメンテナンスはそれほど大変ではないし、

 

・風合いが出る

 

・年々価値が出る

 

・気持ちいい

 

・長持ちする

 

・石油でできていない

 

など良いことがたくさんあります。

 

 

 

 

工務店や建築会社の人が自分の家を建てる時は

 

自然素材の家を建てる人が多いです。

 

 

それはなぜでしょうか?

 

大切な家族が住む家には自然素材が良いと思っているからです。

 

 

 

予算の中でということにはなるのでしょうが、

 

あなたも自然素材の本物の家を建ててください。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net