お金って、銀行に行けばもらえるんでしょ?

「お金が無くなったら、誰かに借りればいいじゃない」

 

「お金って、銀行に行けばもらえるんでしょ?」

 

ある小学生が発した言葉です。

 

 

彼女は一人っ子。

 

彼女の両親も一人っ子です。

 

そのため、両親と祖父母の6つのお財布で

 

彼女の欲求は常に満たされています。

 

 

「もっと我慢をさせなきゃいけないのはわかっているんだけど、

 

 私が我慢させようとしても、他の誰かがお金を出すのよね・・・」

 

というのが、そのお母さんの最近の悩みです。

 

 

娘さんが小さい頃はそれほど気にならなかったそうですが、

 

PTA役員になり、いろんな世代の親御さんと話をするうちに

 

「お金について、私は娘に何も教えていない」

 

と気がつき、愕然としたとか。

 

しかし、娘さんの金銭感覚を変えるのは簡単なことではありません。

 

 

それに、

 

「孫の喜ぶ顔を見たい」

 

というご両親に協力を求めるのは、なかなか難しいそうです。

 

「何だか、孫への愛情を拒否しているようで。

 

 それに正直なところ、今のままの方が私も助かるし・・・」

 

 

wさん、こういう話って多いですよね。

 

 

彼らが成人して、自分の家庭を築く時、

 

金銭感覚がこのままだったら大変なことになります。

 

それに、これからwさんが家づくりをして、

 

住宅ローンや教育費などで出費が増えると、子ども達の協力は欠かせません。

 

 

そこで、最近の子どもの実態について調べてみました。

 

すると、金融広報中央委員会が発表した

 

「子どもの暮らしとお金に関する調査(第2回)」に、興味深い項目がありましたよ。

 

 

この調査によると、小学生の約8割、中学生の9割弱がお小遣いをもらっています。

 

ちなみに、小学生のお小遣いのもらい方は

 

 低学年・・・「月1回」=13.2%  「時々」=58.5%  「毎日」=9.2%

 

 中学年・・・「月1回」=34.3%  「時々」=43.9%  「毎日」=8.0%

 

 高学年・・・「月1回」=52.2%  「時々」=30.6%  「毎日」=5.7%

 

となっています。

 

 

じつは、この「時々」「毎日」というのが問題なのです。

 

 

多くの専門家は、

 

『必要な時に必要なだけ与える』という方法は好ましくない」

 

と口を揃えます。

 

決まった金額の中でのやりくりを体験させることは、

 

計画性を身につけさせるのにとても有効だからです。

 

そういえば、主婦の雑誌で紹介される家計のやりくり法でも

 

「先取り貯蓄」や「袋分け」が推奨されていますね。

 

 

現代は

 

・お給料は口座振込

 

・電子マネー・クレジットカードの普及

 

といったことで、お金を目にする機会そのものが減っています。

 

 

最近の事例で

 

『子どもがネットゲームや通販を利用して、親のカードで400万円使った。

 

 その請求が来て、初めて親が知った』

 

というものがあります。

 

 

仮に、親のカードの管理が不十分だったとしても、

 

子どもにお金の教育をしておけば、避けられた事態だと思いませんか?

 

 

といっても、金銭感覚が怪しいのは子どもだけではありません。

 

「数量限定」「期間限定」「バーゲン」に反応する私たちも同じです。

 

 

私たちの世代は、学校でお金に関する教育を受ける機会はありませんでした。

 

最近の学校では、積極的にお金の授業を取り入れるところもありますが、

 

家庭での日々の教育の方が効果的です。

 

 

日本では、お金の話をすることをタブー視する風潮があります。

 

ですが、正しい金銭感覚や知識を身につけるためには、

 

日頃からの対話が大切です。

 

 

家計を積極的に開示したり、労働や貯蓄のことについて話したり。

 

「お父さん(お母さん)は、どうして毎日仕事をしているのかな」

 

「おじいちゃん・おばあちゃんは働いていないのに、

 

 ○○ちゃんにお小遣いをあげられるのはなぜだと思う?」

 

 

そんな会話は、子どものためだけではありません。

 

あなたの資金計画にも、きっと役立ちますよ。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net