建築費用が最大800万円安くなった時のあなたの使い道は?

家づくりの方法を少し変えるだけで

 

最大800万円の建築費を節約(安く)することが

 

できるとあなたは知っていますか?

 

 

そんなことが、

 

可能な家づくりを建築サポートではサポートしています。

 

何処に比べてが重要なんですが、一般的な工務店なら、

 

200万円!少し大きな建築会社なら400万円!

 

大手ハウスメーカーなら最大800万円を建築費を節約できるんですが

 

この200万円~800万円の使い道は人それぞれです。

 

 

ですが、大きくは以下の3つの使い方をされる方が多いです。

 

 

1・単純に建築費を減らす。

 

2・材料や住宅の品質を高める。

 

3・家の大きさを広くする。

 

 

私が勧めるのはやはり

 

2番の材料を普通の合板フローリングやビニールクロスから

 

本物の無垢の床板や塗り壁を使った自然素材の家にグレードアップ

 

してほしいと思います。

 

 

また、サッシも樹脂サッシにして断熱材も施工性が良い断熱材を使い

 

住み心地もグレードアップするために使っていただきたいと思っています。

 

 

家は安ければいいというものではないので、可能なら材料や家の品質を

 

高めるために使うというのが正しい選択だと思います。

 

 

もちろん、安全のための耐震性が高いのは当たり前ですが。

 

1・の単純に建築費を減らすというのは、どう頑張っても予算が足らないという場合は

 

仕方ないですが、それでもフローリングだけは無垢の床板にしたいものです。

 

 

家づくりは普通の工務店や建築会社、ハウスメーカーだけが出来る

 

専売特許ではありません。

 

 

 

 

 

腕の確かな大工と設計図面が書ける建築士、そして

 

家全体のマネージメントができる家づくりの経験豊富な専門家がいれば

 

いいのです。

 

大きなお金がかかる家づくりです。

 

 

その大切なお金を有効に大切にあなたのために!

 

あなたの家のために効果的に使おうではありませんか!

 

 

建築費に使えるお金が多ければ多いほど、設計や材料の自由度が広がり

 

あなたの希望や夢を実現する可能性は高くなります。

 

 

反対に予算が少なくなれば少なくなるほど、設計や使える材料も制限されてきます。

 

少ない予算の中で、あなたの夢や希望を実現させるにはいろいろな智慧を出し

 

それを実行するしか方法はありません。

 

 

一緒にがんばりましょう。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net