いい材料を使いけど予算が足らない!あなたならどうする?

新築するときに外壁を何にするか?

 

迷うところですが、一般的にはサイディングという材料を使う施主さんが

 

多くなってきました。

 

街並みを見てもサイディングの家が多いでしょう。

 

 

タイルや塗リ壁がお勧めではありますがネックは価格の高さです。

 

塗壁はサイディングの3倍、タイルに至っては5倍程度の費用が必要です。

 

 

サイディングは、木材のように伸縮することはありません。

 

ただ、構造材の伸縮や地震の影響を受けて、割れることがあります。

 

小さな亀裂なら、汚れをとってプライマーを塗り、乾燥した後にコーキングで

 

埋めれば大丈夫です。

 

 

塗壁は見た目や断熱性が高くなり住み心地は良くなるんですが、

 

カビや汚れがサイディングやタイルと比べて目立つ場合があるので、

 

その時は水洗いをする必要があります。

 

 

外壁の中ではタイルが一番いいのかも知れませんが、タイルは

 

重量があるので地震には不利ですが、下地を軽いものにすれば

 

それほどの影響はないかもしれません。

 

タイルももちろん汚れますが、汚れが目立たないタイルを使用すれば

 

ある程度メンテナンスがいらない材料です。

 

 

内部に関しては無垢の木や塗り壁がお勧めではあるのですが、

 

ビニールクロスや合板フローリングに比べて価格が高いのが

 

これも使えない理由になります。

 

 

しかし、本当にこれらの良い材料を使った価値のある家を建てたいのであれば

 

少し頭を柔らかくして、今までの思い込みを捨てることです。

 

それは・・・

 

 

大手なら安心。

 

大手ハウスメーカーや建築会社なら、良い家を適正な値段でつくってくれる。

 

こんな考えは全て間違っているので捨ててください。

 

 

少ない予算でもいい材料を使った価値ある家を建てたいのなら、本当に

 

そう考えるなら、可能な限り小さな工務店や大工さんを探してください。

 

 

あなたの家づくりに心から協力してくれるパートナーを探してください。

 

そういうパートナーと家づくりをすることができれば、予算不足で

 

良い材料を使いたのに諦めることはなくなります。

 

 

あなたが希望する良い家をつくりたいなら、商売人である建築会社ではなく

 

あなたと一緒に同じ目標に向かって頑張ってくれる家づくりのパートナー

 

を選ぶことです。

 

これは間違いのない事実です。

 

 

私が見積もりをつくるときは自分が施主になったつもりでできるだけ

 

良い材料をできるだけ安く見積もります。

 

しかし、商売人である建築会社は、

 

出来るだけ安い材料をできるだけ高く見積もります。

 

 

多くの人が集まる建物の公共工事でもなく、国家プロジェクトの建物でもない

 

一般庶民が住む家に500万~1000万円の建築会社の経費利益は必要ないのです。

 

 

このムダを省くことが予算不足を解決します。

 

このムダなお金を省くか省かないか?

 

  家づくりのパートナーはあなたの大切な建築資金、お金を奪い取る敵ではありません(笑)

 

家づくりのパートナーはあなたの大切な建築資金、お金をムダに使わない、

 

あなたと同じ目標、目的に向かって一緒に頑張るあなたの力強い味方なのです。

 

 

この違いは大きいと思いますよ。

 

 

良い材料を使い、良い家を安く建てるのが今の私の夢です。

 

 

もちろん過度に安くすると建築サポートをやっていけなくなるので

 

そこは注意しています(笑)


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net