工務店が材料を買う価格と同じ金額で施主が買えれば建築費は節約できる

建築費を安くしよう!

いやいや安くというのはあまりいいイメージではないので

ここでは建築費を節約しよう!

ということにしましょう(笑)

 

建築費用はいつも言っているように、

材料費と職人の人件費と建築会社や工務店の経費や利益の合計なんですが

ここで安くしようと、

あ・いやいや節約しようと思えば一番簡単なのが材料費ではないでしょうかね~

職人の人件費は施工や品質に影響してくるので簡単に下げろとは言えませんし

建築会社の経費や利益もその会社が健全に経営していくうえでは必要です。

 

しかし、材料は違います。

材料はメーカーや建材店によって価格が違いますし、

建築会社や工務店によっても仕入れ価格が違います。

逆に考えれば、安く買える建材店や建材メーカーさんを見つけることが

できれば、今までよりかなり安く買えて、建築費を節約できると思いませんか?

 

昔は業者価格とか施主価格みたいに2重価格があって、その差額で建築業者は

利益を出していたのですが、最近はインターネットが流行り、建築業者でなくても

建材やシステムキッチンなどの価格がわかるようになりました。

施主にとってはいいことですが、建築業者にとっては材料を安く買い

高く売ることができない時代になったということです。

これが建築的に、いいか悪いかは別にして、施主が昔なら考えられなかった価格で

買えるということは建築費が節約できるという面ではいいことなのではないでしょうか?

 

巷では材料を施主が支給する形で家づくりをされているところもありますが、

完全な施主支給は支給された商品の取り付けや設置で瑕疵などが発生した場合、

責任の所在が不透明、あいまいになるのでそこは注意が必要です。

ただそこをクリアーすればかなりの金額を節約できるので、これからの家づくりでは

大いに採用したいシステムだと思っています。

 

ま~建築サポートでは現在、施主支給とまではなっていませんが、かなりそれに近い

価格設定ですので、近い将来完全に施主の支給での家づくりに移ると思います。

ただ、施主が直接材料を買うことや、建材店や建材メーカーと価格交渉したりすることは

不可能ですので、私が代理という形になるのではと思っています。

 

ただ、ここで問題になるのが、建材店や建材メーカーが施主さんには直接販売はしないというところが

多いということです。建築サポートの名前では安く買えますが、施主さんの名前では安く買うこと

はもちろん、買うことさえできないという建築業界の長年のルールがあるんですね。

ネットの世界ではその辺がなくなりつつありますが、リアルな実店舗ではまだまだ

施主さんが直接安く買うということができません。

何か対策を考えなくては・・

 

施主支給でなくても原価公開で原価で家づくりをやり、建築会社の経費利益は

別に明確にすればいいかも知れませんが、家づくりの全体のリスクやアフターメンテナンス、

責任の所在を明らかにしながら節約できる家づくりを目指します。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。