空間を広く見せるデザインです

○吹き抜け天井を作る

これは、空間を広く見せるデザインです。
吹き抜けを作ることで、高い天井を再現できます。
天井が高いと、その分空間が生まれます。
大きな空間は開放感を与えてくれるので、面積が大きい家だと感じさせる要素になります。

 

また、吹き抜けを作ると上階にいるときにも下の階の声が聞こえて安心感があります。
例えば、リビングに吹き抜けを設けると、リビングに入ってくる日光の量も増えて、広くて開放感があり、さらに自然の暖かさを感じられる住宅になります。

 

吹き抜けを作ると寒いのでは?

キーワードは「断熱」「気密」です。

〇断熱(だんねつ)

断熱をすることで外の気温に影響を受けなくなるので、室内の気温を暑すぎず寒すぎない程度に保つことが出来ます。建設時に断熱材を壁に埋め込んだり、断熱シートを使用したりすることで断熱できます。

〇気密(きみつ)

気密とは家の隙間を極力減らして空気の流通を妨げることです。これによって、夏は生ぬるい空気が入ってくるのを防ぎ、冬は冷たい空気が入ってきて寒いという思いをせずに済みます。

 

安くても良い家を実現する唯一の方法

無料メルマガ「ムダゼロ原価建築」に登録!!

建築費に含まれる広告費や中間マージンを省く家づくりであなたが欲しい家をあなたの予算内で実現。

設計費や施工費、材料費の原価で家を建てれば普通の価格でハウスメーカー以上の良い家が可能です。

自然素材や高断熱のデザイン住宅を予算内で安く建てる唯一の方法を紹介しています。

興味がある方は下記から無料登録。

失敗しない家づくり塾(基本編)全6回・無料 (1lejend.com)

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。