注文住宅でアレルギー反応が起こる原因とは?

注文住宅を建てた方の中には、家で過ごす中で発症するアレルギー反応にお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
とはいえ、なぜ新築での生活でこのようなアレルギーの問題が発生するのかご存じない方も多いでしょう。
そこで今回は、アレルギー反応の原因や対策方法について佐賀の建築会社が解説します。

 

□アレルギー反応の原因について

注文住宅でアレルギー反応が出てしまう大きな理由の1つは、シックハウス症候群です。
これは、注文住宅を建てる際に使われた材料や壁紙などに含まれている化学物質の影響だと考えられています。

ふすまや畳などが使われた日本の伝統的な木造住宅は、通気性の良い造りでした。
ですが、最近はこのような従来の住宅様式ではなく、断熱性などの機能性に優れた住宅が多く建てられるようになりました。
その他さまざまな機能性に優れた設備は、私たちの快適な生活を実現するために非常に便利なものです。


しかし、その分住宅内の空気の換気がしにくくなったり、カビやダニの胞子が部屋の中に留まったりするので、このようなアレルギー反応の原因となる恐れがあります。

注文住宅のような新築の住宅に限らず、既存住宅でもこのようなリスクは存在するので知っておくと良いですね。

 

□シックハウス症候群の対策方法とは?

シックハウス症候群にならないためには、事前に対策を講じる必要があります。
ここからは、その対策方法について2つご紹介します。

1つ目は、湿気対策をすることです。
湿気はシックハウス症候群の原因となるカビを発生させる原因です。
そのため、湿気の対策はアレルギー反応が出る原因の対策になります。

対策方法としては、換気システムを活用して住宅内の十分な換気を促すことが挙げられます。
また、特に湿気が多い時期は除湿器を使用するのがおすすめです。

 

2つ目は、化学物質やその他の物質への配慮です。
住宅を建てるために使用する材料には、どうしてもこれらの物質が含まれてしまいます。
しかし最近では、化学物質が少ない建材もあるので工夫をすればアレルギーへの対策が可能です。
また、化学物質以外のダニなどにも気をつける必要があるので、掃除をこまめに行い住宅内の空気をきれいに保つように意識できると良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、アレルギー反応の原因や対策方法について解説しました。
シックハウス症候群のリスクを少しでも減らすためには、建材などの細かな部分へのこだわりが大切です。
家族全員が快適な生活を送れる住宅を建てるためにも、ぜひこの記事で紹介したことをご参考にされてみてください。

 

 

PR:相場より500万円から最大1260万円家の価格を安くする方法があります。

日本で一番簡単で確実な方法だと思います。

知りたい人にお教えします。下記サイトからお問合せください。

住宅相談室あなたの欲しい家をあなたの予算で可能! (jyuutaku-sienn.net)

 

失敗しない家づくり塾(基本編)全6回・無料 (1lejend.com)

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。