注文住宅の購入を検討している方必見!住宅ローンの支払いはいつから始まるの?

新しく住宅を建てる際は、住宅ローンを利用する方が多いでしょう。
ですが、その住宅ローンの支払いはいつから始まるのかご存知ですか。
今回は、注文住宅の購入を検討している方に向けて、住宅ローンの支払いについて佐賀の建築会社が解説します。

 

(どこにもない役立家づくり情報はこちら▽▽

失敗しない家づくり塾(基本編)全6回・無料 (1lejend.com)

 

□住宅ローンの支払いはいつから始まる?

住宅ローンを借り入れて注文住宅を建てようとお考えの方は、いつ融資が始まるのか気になっている方もいらっしゃるでしょう。
結論から申し上げると、住宅ローンの支払いが始まるのは建物が引き渡された後です。
しかし、注文住宅を建てる際は建物が完成して引き渡されるまでに様々な費用の支払いが発生します。
引き渡しまでに複数回に分けて支払うのが一般的な施工費用や土地の費用などがこれらに該当します。

 

ですが、先程ご紹介した通り住宅ローンの融資が行われるのは建物が引き渡された後であり、完成までのタイミングでお金を用意する必要があるので注意が必要でしょう。
事前にお金を用意できない場合は、つなぎ融資を利用するのがおすすめです。

これは、住宅ローンが融資されるまでの間に必要となるお金を借り入れるためのサービスです。
ただし、このサービスを取り扱っていない金融機関があることや借入の際に諸費用や利息がかかるという点には注意が必要でしょう。

 

□住宅ローンの融資が実行されるまでの流れについて

住宅ローンに融資が実行されるまでには、いくつかのステップがあります。
1つ目のステップは、住宅ローンを組むことです。
金融機関との手続きは個人でも可能ですが、不動産会社に紹介してもらうのがおすすめです。
なぜなら、金利が優遇されたり手続きがスムーズに行えたりする可能性があるからです。

 

2つ目のステップは、事前審査を受けることです。
住宅ローンは希望した全員が融資を受けられるのではなく、金融機関による審査を受ける必要があります。
事前審査で融資が許可されなかった場合は、他の手段を探す必要があるので注意しましょう。

 

3つ目のステップは、本審査の申し込みです。
事前審査に通り住宅の売買契約を締結した後は、本審査に申し込みます。
審査の結果が出るまでには長くて2週間ほどかかる可能性もあるので、しっかりと予定についてプランニングしておくようにしましょう。

 

4つ目のステップは、住宅ローンの契約の締結です。
無事に本審査に通れば、そのまま契約を行います。
一般的には金融機関の窓口で契約が行われるので、平日の都合の良い時間を見つけて窓口まで足を運びましょう。

ここまで問題なく手続きが済むと、後は住宅の引き渡しが終わったタイミングで融資が実行されます。

 

□まとめ

今回は注文住宅の購入を検討している方に向けて、住宅ローンについて解説しました。
住宅ローンの融資を受けるまでには、いくつかのステップがあるので計画的に手続きを進めるようにしましょう。

 

 

PR:相場より500万円から最大1260万円家の価格を安くする方法があります。

日本で一番簡単で確実な方法だと思います。

もちろん品質や住宅性能は落とすことなく価格だけ安くする方法です。

知りたい人にお教えします。下記サイトでお問合せください。

住宅相談室あなたの欲しい家をあなたの予算で可能! (jyuutaku-sienn.net)

 

(どこにもない役立家づくり情報はこちら▽▽

失敗しない家づくり塾(基本編)全6回・無料 (1lejend.com)

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。