注文住宅の購入を検討している方必見!快適な生活を実現するための設備とは?

快適な生活を実現するためには、住宅設備へのこだわりが欠かせません。
しかし、どのような住宅設備を取り入れれば良いのか分からない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、快適な生活環境には欠かせない設備について佐賀の建築会社が解説します。

 

失敗しない家づくり塾(基本編)全6回・無料 (1lejend.com)

 

□快適な生活を実現するための住宅設備とは

 

これから建てる予定の新居での生活を快適にするためには、どのような住宅設備を設ければ良いのでしょうか。
ここからは、快適な生活を送るための住宅設備としておすすめのものを紹介します。

 

1つ目は、タッチレス水栓です。
キッチン回りの最新の設備として、このタッチレス水栓は非常におすすめです。
今までの水栓は、蛇口をひねったり押し上げたりするタイプが一般的でしたが、最近は手をかざすとセンサーが反応して水を出したり止めたりできるタッチレスのタイプが人気です。

 

主に水栓が取り付けられているのは、お手洗いや洗面台ですよね。
従来のタイプであれば、汚れた手を洗う際に直接蛇口を触れて水を出す必要がありました。
一方でこのタイプは、直接触れなくて済むので手が汚れている際にも便利に利用できるでしょう。

 

2つ目は、床暖房です。
注文住宅の購入を検討している方は、この設備が気になっている方も多いのではないでしょうか。
床暖房は、エアコンのように空気を乾燥させずに部屋を暖かくできるので、快適な生活を送れます。
また、ほこりが舞い上がる心配もないのでハウスダストなどのアレルギーを持っている方がいても安心ですね。

 

□注文住宅でよく起こる失敗について

 

注文住宅を建てる際に良かれと思って取り入れた設備が、実は使い勝手が悪かったという失敗例はたくさんあります。
ここからは、その失敗例をいくつか紹介します。

 

まずは、ウォークインクローゼットの失敗です。
収納スペースを検討する際にウォークインクローゼットの設置を考える方は多いと思いますが、その際には注意が必要です。
ウォークインクローゼットは、壁面収納とは違い内部に通路を設ける必要があります。
そのため、空間のわりにはそこまで洋服を収納できない場合もあります。
特にもともと部屋が狭い場合は、壁面収納の方が良い可能性もあるので慎重に検討する必要があるでしょう。

 

次に、吹き抜けの失敗です。
開放感のある住宅を実現するために、吹き抜けの取り付けを検討している方も多いでしょう。
ですが場合によっては、吹き抜けを設置したことで冷暖房の効きが悪くなってしまう可能性もあります。

 

暖かい空気は上の方に上がってしまうので、特に冬は部屋が寒くなってしまう傾向にあります。
こうした場合にシーリングファンを取り付ければ、これらのリスクの対策になるので、同時に設置を検討できると良いですね。

 

□まとめ

今回は、快適な生活環境には欠かせない設備について解説しました。
住宅設備を考える際は、自分がどのような住宅にしたいのかをよく考えましょう。
また、設備のメリットだけではなくデメリットにも目を配るようにすることが重要です。
ぜひ今回ご紹介した内容も参考にして、理想の住宅を目指しましょう。

 

当事務所では、他社と比べて安くしかも予算内、ローンの返済が少なくなる夢のマイホームの実現を行っております。
上記「建築コスト」に関してお悩みの方は、下記ページをお気軽にご覧ください。
https://www.kashimacity.com/kenchiku-report/

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。