注文住宅の購入を検討している方へ!高断熱住宅について説明します!

「注文住宅の購入を検討している」
「断熱性に優れた住宅について詳しく知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
断熱性に優れている住宅には、さまざまなメリットがあります。
そこで今回は、高断熱住宅について佐賀の建築会社が説明します。

 

□高断熱住宅とは?

注文住宅の購入を検討している方は、断熱性能にこだわった住宅を建てるのがおすすめです。
なぜならこの性能が低い住宅の場合、夏は暑く冬は寒い住宅環境になってしまうからです。

高断熱住宅とは、このようなリスクを減らすために断熱性の高い窓などを設けて、性能を高めている住宅を指します。
このような住宅は、外気の影響を受けにくく冷暖房で快適にした室内の温度を外に逃がしにくいのが特徴です。
そのため、最近は1台のストーブで部屋中が温まるほどの高いエネルギー効率の住宅も存在します。

 

□高断熱住宅のメリットとデメリットとは

高断熱住宅にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

まずは、メリットを2つ紹介します。

1つ目は、省エネで光熱費の削減につながることです。
断熱性能が高い住宅は外気の影響を受けにくいので、冷暖房を効率よく使って住宅を快適な温度に保てます。
そのため、冷暖房の使用頻度を抑えられるので光熱費の削減につながります。

2つ目は、事故の防止です。
あなたはヒートショックという事故についてご存知でしょうか。
これは急激な温度変化が原因で起こる死亡につながりやすい事故です。
優れた断熱性が備わっている住宅であれば、原因である急激な温度変化を防ぐ効果が期待できるので事故の防止につながります。

 

次に、デメリットを2つ紹介します。
1つ目は、壁内結露です。
断熱性に優れていれば結露は出ないと思われがちですが、実は壁内の断熱材と柱の隙間に結露が発生する場合があります。
これを壁内結露と言い、これはカビなどの原因になる恐れがあります。
これらを予防するためには、しっかりした気密断熱工事を行うこと。

そして、換気計画をきちんと行うことです。

 

2つ目は、使用できる暖房器具に限りが出る場合があります。
高断熱で高気密の住宅では、二酸化炭素の排出量が多くなり濃度が上がってしまうので、石油を使用する暖房器具が使えない場合があります。
この場合は、エアコンなどの使用可能な暖房器具を用意するようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、高断熱住宅について解説しました。
断熱性の優れた住宅は生活の質を向上してくれるだけではなく、不慮の事故を予防する効果も期待できます。
これから注文住宅を建てる方は、住宅のデザインだけではなく機能面にも目を配って暮らしやすい住宅を目指されてみてはいかがでしょうか。

 

安くても理想の家を建てたい方はメルマガに登録ください。

あなたの理想の家づくりが実現します。

▽▽クリック

失敗しない家づくり塾(基本編)全6回・無料 (1lejend.com)

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。