佐賀で注文住宅を検討している方へ!建築費用削減のためのポイントとは?

 

「必ず予算内でコストダウン」して家づくりをサポート。

 

失敗しない家づくり塾(基本編)全6回・無料 (1lejend.com)

 

「注文住宅では予算内で理想の住宅を実現できそうにないため、ローコスト住宅を建てよう」と考えていませんか。
実は、品質が高い注文住宅でも妥協せずに予算内で建てられる方法があります。
そこで今回は佐賀で建築サポートを行う当事務所が、注文住宅での費用削減の方法をご紹介します。

単なる価格が安いローコスト住宅はいくらでもありますが、品質や性能が高いローコスト住宅を建てる方法は?

 

□価格が安いだけのローコスト住宅を選ぶデメリットについて

ローコスト住宅では、費用をかけずに住宅を建てられます。
しかし、建築費用削減のために仕方なくローコスト住宅を選ぶという方法は本当に正しいのでしょうか。
はじめに、ローコスト住宅を選ぶデメリットをご紹介します。

 

1つ目は、自由度が低いことです。
ローコスト住宅は間取りや仕様を固定することで費用を抑えています。
そのため、あなたの希望の間取りや設備を全て反映させることは難しいでしょう。
せっかくの住まいづくりで理想の住宅を実現できなければ、後悔が残る結果になりかねません。

 

2つ目は、機能性が低いことです。
特にローコスト住宅は費用削減のために安い断熱材を使用していることが多いです。
断熱性や気密性に問題があれば、冷暖房費が余計にかかってしまいます。
建てるときは安くても、住み始めてから無駄な費用がかかってしまえば本末転倒ですよね。

さらに住み心地に大きく影響します。

夏は暑く冬寒い新築の家では話になりません。

健康に快適に暮らせる住まいがこれからは求められます。

 

このようなデメリットを考慮すると、「費用を抑えながらも良い住宅に住みたい」と考えている場合は、単に価格が安いローコスト住宅は賢明な選択ではないと言えるでしょう。
では、注文住宅で費用を削減するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

重要なのは建築会社や工務店選びです。
広告やモデルハウス、住宅展示場などを積極的に活用している建築会社は、建築費が高いです。

大手ハウスメーカーの家はビックリ仰天の価格設定です。
その理由は、建築費に宣伝広告費や営業マンなどの人件費が価格や建築費に上乗せされているからです。

広告宣伝などに大きな費用をかけていない建築会社や工務店であれば、同じような仕様の住宅でも大幅に建築費を抑えられることがよくあります。

このような建築会社を選ぶことが、注文住宅において予算内で理想の住宅を実現させるポイントです。

建築サポートでは300万円、500万円、最大1000万円のコストダウンを行っています。

 

□さらに無駄な費用を削減するためには?

さらに無駄な費用を削減するためには、建築会社を選ぶ前の準備が大切です。

まず資金計画です。
住宅ローンはいくら借りられるのか、月々の返済額と返済期間はどれくらいが理想的なのかを把握しておきましょう。
この際、ローンをシミュレーションできるアプリやサイトを利用すると良いでしょう。

あなたが無理なく支払える住宅ローンの金額を設定するのです。

 

次に住宅の簡単な設計です。
理想の暮らしについて家族で共有し、部屋数や広さなどの必要条件を洗い出しましょう。
ここでは、今後の暮らしをできるだけ具体的にイメージした上で、必要条件を設計に落とし込むことが大切です。

ネット上にある間取りやプラン集を設計に活用するのも設計料を安く抑えるコツです。

このような準備を行った上で建築会社や工務店を選ぶことで、無駄な費用を省け、住まいづくりをスムーズに進められるでしょう。

 

□まとめ

今回は注文住宅における費用削減の方法についてご紹介しました。
価格が高いからといって自由設計の注文住宅を諦めるのはまだ早いです。
無駄な費用をかけていない建築会社や工務店を探し、費用を抑えながら良い住宅を建てましょう。

依頼先を変えるだけで同じ家でも500万円以上安いというのはよくある話です。

ムダ金にお金を払うのではなく、あなたの家づくりや理想の家のために必要な分だけお金を使うことです。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。