「住宅資金」「老後の資金」「教育資金」

私は「資金計画」の大切さについて、頻繁にお話しています。

「住宅資金」「老後の資金」「教育資金」

どれも大きな金額が必要です。

 

その他にも、車のローンや車検といった、定期的に必要な出費もあります。

お金を賢く使おうと考えることはいいことですよね。

でも、無駄な出費を抑えようとして、

ちょっと困ったことを業者に相談する人がいるんです。

 

それは、住宅ローンを借りる時、

住宅に関連しない「車」などの購入資金を上乗せして申請しようとする人です。

以前は、そんな借入が黙認された時代もあったようです。

ひょっとしたら、今でもあるかもしれません。

ですが、これは本来やってはいけないことなんです。

場合によっては、融資の取り消しや、融資金の即時返済を求められるんですよ。

 

それだけでも大変ですが、コトはそれだけでは終わりません。

その申請に、建築業者が関わっていたのなら、

建築業者は融資機関の信用を失います。

そうすると、その金融機関とは取引をできなくなるかもしれません。

誰だって、信用できない人とお金の取引なんてしたくありませんからね。

もし小さな工務店だったら、その出来事が原因で倒産するかもしれません。

 

そうすると、その工務店で家を建てたOBさんは、

これからのアフターサービスを受けられなくなります。

被害の輪は、どんどん広がります。

これまでの慣習や、セールスのテクニックとして、

こんな方法を勧めてくる営業マンもいるようです。

もしあなたがそんな会社に出会ったら、絶対に依頼してはいけません。

そんなことでしか顧客を獲得できない会社です。

 

他にやましいことをしていても不思議ではありません。

「営業マンが言っていることだから正しいことなのね」

なんて勘違いしないでくださいね。

 

ところで、世の中には、犯罪的な手段で

融資を受けようとしている人がいるようです。

業界紙(日経ホームビルダー)に載っていた例には

 ・養子縁組などで姓を変える

 ・源泉徴収票などを改ざん・偽造する

 ・独身だと断られやすいので、婚約者が存在するかのように偽装する

 ・預金残高を虚偽申告する

 ・雇用実態を偽装する

 ・申請後の転職・退職を報告しない

 ・不動産売買契約の金額を水増しする

 ・工事請負契約の金額を水増しする

というものがありました。

 

 なぜ業界紙に載っていたんでしょう。

「こんな方法で契約をしている業者への警告だろうな」

と思いませんか?

「お客さんがこんな相談を持ちかけてきても、断固として断るべきです」

と記されていましたが、私には

「こんなことをしている業者は、今すぐにやめなさい」

という警告にも感じられたんです。

融資金は、家族の大切な家をつくるためのお金です。

正々堂々と融資を受けて、コツコツと返済していきましょう。

 

だって、返済中数十年もヒヤヒヤしたくないし、

「得をした」

なんて喜ぶような人間になりたくもありません。

それに何より、そんなことで幸せな暮らしを得られるとは思えませんからね。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net