注文住宅これ以上安くできないは本当?

品質重視なのでこれ以上安くできません。

 

このような対応をしてくる業者さんは多い。

 

多いというかこのような業者さんが

 

ほとんどではないだろうか。

 

 

ま~業者としてはごもっともな話である。

 

特に大手ハウスメーカーや地域でも有名な

 

建築会社はビジネスですから、いい家を

 

安く建てることを少しでも期待すると

 

失敗する。

 

 

 

でもね、でもねである。

 

こちらは材料や施工費を安くしてくれとは

 

一言も言っていない。

 

 

 

むしろ、材料や施工費には適切に十分なお金をかけて

 

くれと念を押しているわけで、品質が下がるとは

 

どういう発想、考え、了見なのだろうか。

 

コストを下げることと品質が下がることは

 

イコールではない。

 

それがわからない業者は残念だが多い。

 

 

 

ムダな作業を止め営業費用を減らせば済む話である。

 

ムダな費用を減らそうともしない普通の会社がなんと

 

多いことか!

 

 

建築サポートが設計施工の工事を請け負えば早い話だが

 

そうするとわずかな限られた人しかサポートできないので

 

これは私が目指すところではない。

 

 

 

やはりできるだけ多くの人にいい家を安く建ててほしい。

 

多くの人に私の知識や技術を活用してもらいたい。

 

私の目指すところなのでサポートが一番ということになった

 

というわけ。

 

 

 

 

 

 

さて、ボヤキはこれくらいにして。

 

 

 

 

注文住宅を建てたいけれどもどこに依頼すればいいんだろう。

 

いざ依頼して、その会社が悪徳業者だったら嫌だな。

 

このようにお悩みの方は多いと思います。

 

 

 

もちろん、リーフォーム業界ほど新築業界はたくさんいるわけでは

 

ありません。

 

しかし、悪徳業者とは言えないけれど不親切で良心的ではない業者

 

は多いです。

 

 

 

 

確かに、手抜き工事などをされたら嫌ですし心配になりますよね。

 

 

それを避けるためにも要注意な業者について知っておきましょう。

 

 

 

そうした業者をうまく回避できれば、良心的な業者に巡り合

 

えるかもしれません。

 

 

 

契約を急かす業者は要注意

 

 

 

注文住宅を建てる時にもしかすると契約を迫られる場合が

 

あるかもしれません。

 

 

「いやいや、早くに契約を迫られても、考えるべき項目がまとまって

 

いない状態で契約を結ぶわけないでしょう。」と思いましたか?

 

 

 

しかし、実際にそのような場面に遭遇した時にはなかなか断りにく

 

いかもしれません。

 

 

 

今までの経験で、ついつい人情に流されて面倒なことを押し付けられた

 

ことはありませんか?

 

 

このようなことは、注文住宅の営業でも起こる場合があります。

 

例え、

 

「その営業の方と馬が合っているから、もうそこに決めちゃおっかな。」

 

「すごく親切に説明していただいたような気がするし、

 

断るのは申し訳ない。」

 

と感じていたとしても、簡単に契約を決めてはいけません。

 

 

万が一その業者が、契約を結ぶことしか考えていなかった場合、

 

「契約を一度結んでしまったのだから、ばれないように雑な工事

 

をしても良いだろう。」

 

「契約を結んだらこっちのもの、相場よりも高い額を請求してやれ。」

 

と思われ、損をすることになりかねません。

 

 

 

多少苦しい思いをするかもしれませんが、契約を迫る業者には慎重

 

な態度を取るのが賢明だと思われます。

 

 

 

しっかりと話を聴き、その会社の注文住宅に関する情熱や知識は本物か

 

見定めるようにしてください。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。