安くてもいい家をつくるにはコスト削減が必要です。

安くてもいい家をつくるにはコスト削減が必要です。


ネットなどで見ると安い家をつくるには?


四角い箱のような総2階建てにする。


安めの同じ材料を使う。


標準的な設備機器を使う。

間仕切りを多くしない。

複雑なデザインにしない。


家の大きさを小さくする。

色々なところにこだわらない。


等々いろいろ家を安くする方法が出てきます。


私が思ったのはこのあたりのコスト削減方法は全部、材料や設計でローコストにするだけ、安くするだけで施主の希望の家をつくるには向かない方法だと思います。

安くするために何かを犠牲にする。

 

もちろん、全てにこだわると予算が足らないので全てにこだわってもいいという事ではなくこだわるところとこだわらなくても良いところを明確にしてコスト削減をしなくてはなりません。


ネットで見るような安易に単に安くするという方法ではいけないのです。。


「安くてもいい家」が家づくりの肝ですので安いと品質は同時に考えないと行けません。


安くするために住宅性能を落とす、材料の質を落とす、施工の品質を落とす。

何かを落として安く作るのはどうかという思いです。

 

なので私がおススメする「安くてもいい家をつくるためのコスト削減法」

建築業者が常識的に使っているムダな経費、費用、中間マージンを省くことです。

 

 

たとえば、

広告宣伝費やモデルハウスの維持費、建築会社の自社ビル管理費接客のための営業マンの費用、大々的な見学会の費用、工事のための予備費用、過剰な利益、これらを省きます。

これらを省いても家の品質には何ら影響しません。


今の家づくりは建築会社にとっては必要な費用でも施主にとってはムダな費用が建築費の中にはたくさん含まれています。

だからこのムダな費用を省くことが安くてもいい家になるわけです。


ま~誰もどの建築会社もこのようなことをやっていませんから、今の家は高いんですね。


施主さんにとっての無駄な費用が建築費に積みあがってくるので最終的に価格や建築費が高くなる。


家づくりの本当のコスト削減とは?

ムダな費用を省くことです。

材料を安いのにするとか総2階にするとか間仕切りを減らすとかはムダな費用を省いてからのことです。

施主さん自身がこのように材料費や施工費、設計費だけで家づくりを行えば数百万円安くなります。

ただ、これような家づくりをしているところはあまりありませんし手伝ってくれる会社もありません。


唯一このような家づくりをアドバイス、サポートできるのが、建築サポートです(笑)


お施主さんの要望でこんな会社とこんな家づくりの仕組みを作りました。


まだまだ、完璧ではありませんが、できるだけいい家が安く、安くてもいい家が実現できるようにルールなども整備していきたいと思っています。

とりあえずこのような家づくりのブランドとして、「建築サポートのマイホーム実現計画」としました。


何回も変えていますね(笑)

今度はしっくりくるかなんてね。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net