自分が欲しい家を自分の予算内で安く建てたい。。いい家を安く建てないと・・

“子供が生まれて子育てがしやすい住環境を求めるようになったり、

 

一定の頻度で払い続ける賃貸の家賃に対する捉え方が変化した際

 

などに考えるのがマイホームの購入ですが、実際にマイホームの

 

購入を決断する事ができない方も大勢います。

 

 

 

マイホームの必要性に迫られているのにも関わらず購入に踏み切

 

れない方の気持ちで多いのが、大きな金額であるが故に住宅ローン

 

の返済が大変で今の家の価格は高すぎると感じているためです。

 

 

 

そのようなマイホームを欲していたり必要性に迫られているものの、

 

住宅ローンの返済が大変という印象や今の家の価格は高すぎると感じ

 

ている方にとってより良い選択として挙げられるのが、建築費を従来

 

よりも3割抑えて住宅建築を行うことです。

 

 

建築費を抑えても品質を下げないコストパフォーマンスがいい住宅。

 

そのようないい家を安く建てる。

 

要する建築費用が小さいからこそマイホームを求めている方が

 

負担なく買い求めやすいです。

 

 

 

 

特にマイホームの購入における負担になる要素としてあるのが

 

住宅ローンであり、借入審査に通過したという判断材料によって

 

大きな金額を借り入れてしまうと、マイホームでの快適な生活が

 

手に入ったものの月々の返済額の負担が大きくて家計に直接的に

 

影響します。

 

 

 

そこで、建築費を3割抑えた計画でマイホームを建築すれば住宅ローン

 

の返済が大変という要素を感じずに新生活が心置きなく楽しめるよう

 

になりますし、小さな負担で建築費を抑えたからこそ余裕が生まれた分

 

を他の点に活用する事も容易です。

 

 

 

マイホームの購入において、自分や家族が幸せになるために大切な点と

 

してあるのが個々の要望や過ごし方に応じた住環境が整えられている

 

様子であり、建築費を抑える事ができればそれで得られた自由に利用

 

できる資金、お金を元にして住宅の内部に付加価値となる自分好みの

 

設備や住宅、生活の環境整備を行うようにしましょう。

 

 

 

そのように、各家庭や個々の要望に応じて自由に設計変更や設備の

 

追加などが行える様子は注文住宅ならではの特性なので、自分や

 

家族が幸せになるために3割安く建築するとマイホームの

 

醍醐味を存分に得られます。”

 

こんな家はいかがでしょう?

輸入住宅。

https://jyuutaku-sienn.net/import/

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net