注文住宅で良くある追加、予算オーバーしないように考える

新築の場合に限らず、リフォームにおいてもついて回るのが、

 

思わぬ出費=予算オーバーという事態です。

 

 

ただ、この思わぬ出費に関しては、その言葉どおり、

 

「思ってもいなかった」「想像できなかった」ために

 

起きているわけですから、ほんの少し気をつけるだけで十分に

 

防げる問題なのです。

 

 

そもそも、建築業界の見積もりは一般の方にはわかりにくいですし、

 

工事が大掛かりになればなるほど、お施主様側の労力も大きな

 

ものになります。

 

 

そんな中でお施主様自身が疑心暗鬼になりなが

 

ら、チェック、チェック、チェックを繰り返していくのは身も

 

心もくたくたになり、せっかくの楽しい家造りにもマイナスです。

 

 

ですから、それをクリアーにしていくのはやはり、

 

工務店サイドが予算オーバーさせないというのが本来の姿でしょう。

 

 

そのためには、多少時間

 

がかかっても、徹底したヒアリングや

 

打ち合わせや現場管理等は当たり前です。

 

 

忘れがちなのが家の火災保険料、新築税といわれる税金

 

上下水道の加入負担金、テレビのアンテナ、施主の変更による

 

追加金額。

 

このあたりが多いのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

我が家を手に入れて入居したものの、

 

当初の計画よりローン返済額がかさんでしまった。

 

月々の返済が大変――こういう人は、最終的な

 

金額を知らないで、理想だけを追い求め家づくりに

 

走ってしまった人です。

 

 

家づくりは想像以上にお金がかかります。

 

しかも、その費用は、家を建てる人すべてにかかるわけではなく、

 

かかる人とかからない人がいるのです。

 

想定外の費用として考えられる費用をきちんと考えておきましょう。

 

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net