NHKの番組プロジェクトX。注文住宅の家づくりでこんなことがやりたかった。

こんにちは。

建築サポートのサイトを見ていただいて本当にありがとうございます。

このご縁に感謝します。

 

はじめまして建築サポートの高井と言います。

家づくりのアドバイスやサポートが本業になります。

少し長くなりますが、興味がある人は読んでいただければ

嬉しいです。

 

NHKのテレビ番組プロジェクトX。

注文住宅の家づくりでこんなことがやりたかった。

大工職人時代に毎週見ていました。

中島みゆきのテーマ-音楽もよく合っていました(笑)

 

その道の技術者や研究者が一大プロジェクトにチーム一丸となり

挑戦していく。

そんな姿を見ていて自分と重ね合わせていました(笑)

テレビのような誰もできない大それたことはできませんが、自分ができることで

お施主さんが困っていることや悩んでいることを解決出来たら

いいよな~

 

施主も職人も設計者も誰もが楽しくチーム一丸となって

色々な問題を解決しながら、注文住宅の家づくりができたらいいよな~

そんな熱い気持ちでテレビを見ていたのを今もハッキリ覚えています。

 

大工職人から自分の建築会社を作ったのもこの影響です。

会社設立当初は気持ちばかりが先に言ってなかなか

自分がやりたい家づくりはできませんでした。

 

14年、15年前のことです。

仕事を取るために単なるローコスト住宅にしたり、それでも

ダメで次は家は住宅性能だという事で高断熱の家にガチガチに

取り組んだり、耐震住宅をやったり、自然素材の塗壁や無垢の木を

使った自然素材の家・・・・ホント色々な住宅を

真剣にやってきました。

 

今はデザイン住宅に凝っていますが・・・

でも、結局のところ、これまでの家づくりや品質、素材にこだわってきたのも

間違いではなく注文住宅の家づくりには必ず必要なんです。

 

ただ、注文住宅の家づくりは住宅性能や品質、素材だけではない。

ということです。

もちろん価格だけでもないです。

 

 

あなたは注文住宅を建てるとき、ハウスメーカーに依頼しますか。

あなたは家づくりを考えたら工務店に相談しますか?

ハウスメーカーの価格は高い。安い。適正と思いますか?

注文住宅はトラブルが多いと知っていましたか?

 

家は平屋がいいと思いますか?

平屋の家は価格が高いと思っていますか?

注文住宅を建てるとき、ハウスメーカーがやっぱり

安心と思いますか?

 

 

それともやっぱり価格や建築費が安い工務店がいいと

思いますか?

 

ハウスメーカーと工務店の違いがわかりますか?

ハウスメーカーの見積もりはわかりやすいですか?

工務店の明細の見積もりは納得できますか?

 

ハウスメーカー、工務店、価格、見積もり、平屋、デザイン

高断熱、高耐震、設計、実施設計、契約、工事、職人、材料

注文住宅、家づくり安心安全にできますか?

 

あなたはそのハウスメーカーや工務店、建築会社と

家づくりをして楽しいですか?

一生で1回の家づくり、十分に楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の表は注文住宅の家づくりで施主さんの予算が2000万円の場合の各建築業者の予算配分例です。

あくまでザックリした予算配分例です。

予算より安くなった分の使い道はあなたの自由です。

希望の設備機器や自然素材やデザイン又は高断熱の

ために使うのも良し、予算を減らすのも良し。

 

 

 

もちろんあなたがどのような建築会社に注文住宅の家づくりを

依頼するかは自由です。

ハウスメーカーが高いのは安心料とか、

地域ビルダーの家が好きという理由でも100%悪くはありません。

知り合いの工務店が安心。

これも正しい選択です。

あなたが好きな建築会社にここがいいと決めた建築会社に

注文住宅の家づくりを依頼してください。

 

ただ、私の家づくりの考え方は、「自分が欲しい家を自分の予算の

中でできるだけ安く建てよう」

です。これがベストだと思います。

なぜならプロジェクトXの注文住宅家づくりですから(笑)

 

出来るなら自分の家のための材料費や職人の人件費に十分な費用を

使い家以外のその他の建築会社の利益は最低限の必要分だけで

家を建ててもらおう。

住宅ローンの返済を少なく、家族が想い出をつくれるような家。

家族と幸せに楽しく暮らせる家。

そんな家がいい。

私自身が今度自分の家を建てるならこんな感じです。

自然素材も使いたいし、夏涼しく冬暖かい高断熱にもしたい。

(今の家は洗面所とかトイレ、浴室が寒くて大変)

どうせならデザインにもこだわり、カッコいい家にしたい。

もちろん、価格は可能な限り安く、それでいて材料費や職人の人件費は

適正に払いたい。

そういう注文住宅の家づくの考えです。

 

 

よく住宅の相談に来られた人に聞きます。

ハウスメーカーや工務店との注文住宅の家づくりの

打ち合わせは楽しかったですか?

いいえ。

お金のことや家の品質のことが気になり楽しくなかったです(笑)

 

これからは家づくりを大いに楽しみましょう。

あなたも私も楽しみたいですね。

 

注文住宅の家づくりで失敗や後悔をしたくないなら

下の文章も全部読んだ方がいいです。

時間にしたら数分。

後で後悔や失敗したと思わないために。

 

 

いつの間にか家づくりも46年になってしまいましたね。

子供も30近くになってきて私自身も年取りましたね(笑)

 

ちょっと前までは、材料仕入れも自分でやっていて

建材屋からたくさんの請求書が届いていて、これは

大変でした。

 

なぜなら、家づくりは請求が先に来てお施主さんからお金を

いただくのが工事完成、引き渡し後ですからね。

 

長いときは完成してから1か月くらいかかったときが

ありました。

 

中にはつなぎ資金もなく、最後に一括払いという人も

おられるので、これは本当に大変です。

 

でも、お施主さんの気持ちもわかるので

何とかしましょう。

 

なんて言うのです。

 

 

建築業は黒字倒産という言葉も

あるように、たくさんの仕事を受けてしまい。

 

請求書が山のように届き、その支払いに

月末は頭が痛い!

 

そんなこともたくさん経験してきましたね。

 

こんなことをいつまでもしていたらお施主さん

にも迷惑が掛かりますし、建材店や施工の

工務店にも迷惑がかかると最近はちょっと

考えました。

 

たいしたことじゃありませんが、建材の仕入れ代行を

止めました。

 

じゃ何するの?

 

家づくりのアドバイスとサポートです。

 

これ一本に絞ります。

 

今までは設計から工事、材料仕入まで何でもやってきましたが

 

これがよくありませんでした。

 

いい家を安く建てるというこれだけに特化し

 

設計、施工、材料まですべてやり

いい家を安く作ってきました。

 

 

ただ、私も年取り、これからは息子たちの

若い世代にバトンタッチです。

 

その道筋をつけてからじゃないと渡せないので

ま~あと5年はかかると思いますが、

 

とりあえずここらで、一区切りをつけて、

 

注文住宅の悩みや困りごとがある人に

向けたアドバイス、サポートということで

やっていきまます。

 

 

いい家を安く作るのに一番重要なのは

材料を安く買うことでもないし、職人の賃金を

値切ることでもなく、工務店やハウスメーカーの

ムダな経費や多すぎる利益を少なくすることです。

 

もちろんこの家づくりのアドバイスやサポートは

無料で行います。

 

 

昔のNHKの番組プロジェクトXのような

お金のことは考えるな!

クライアントの期待や要望を必ず

実現させるぞ。

この難問をどうやって解決するのか?

チームのメンバー同士で議論したり

時には喧嘩したり(笑)

 

私もそんな家づくりをしたい!

それが建築サポートを作ったときの

夢でした。

 

家づくりはビジネスじゃない!

なんていうこともたくさん言っていました。

 

日々の仕事に追われ自分のやりたいことや

自分の夢を追うのを忘れていました。

つい最近ですが、工事直前になり、お施主さんから

白紙にしてほしいといわれました。

 

3か月間、設計をしてきて詳細設計まで完成し

材料の手配や職人の手配もしている途中です。

 

理由は?

 

営業マンがいないから?

住宅ローンの申し込みについてきてくれる

人がいないから?

そういわれました。

 

そんな理由で白紙?

 

作成した図面。

元施主さんの了解のもと公開しています。

図面の無断利用は厳禁です。

私の知らないところでいろいろ公開されたり

批判されたりしたら困りますから。

(もし建築関係の同業者の無断利用がわかったら法的手続きをします。)

私自身もこのようなことがあったということを忘れないために

サイトにアップしています。

 

最初は何が何だかわかりませんでした。

普通のハウスメーカーは営業マンがいて

住宅ローンの申し込みにも同伴してくれます。

 

半年近くメールサポートをしながら

設計図までできて、白紙の原因がこれかよ・・・

設計図の上でクリックすると拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の馬鹿さ加減、施主さんを100%信用、信頼してきて

最後はその程度の理由でカンタンに白紙!

 

お施主さんもそうかもわかりませんが、

貴重な時間を使い、納得できる図面を作り

予算も予算内で建築可能になり、白紙?

 

やってられないというのも理由の一つです。

しかしながら、実際は営業マンがいないからとか

住宅ローンを一人で申し込みに行けないから

とかの理由でカンタンに白紙に、契約解除になるわけです。

こちらからしたら、大金を使った家づくりをしているなら

住宅ローンの申し込みくらい自分一人で

行けよ。

 

一人で行けばちゃんと銀行の担当者が

建築業者に忖度しないであなたのための

資金計画や借り入れのアドバイスやサポートを

してくれます。

 

住宅会社の営業マンに付き添われその住宅会社と提携の銀行

へ住宅ローンの申し込みに行けばどうなるか?

誰でもわかりますよね。

 

提携の銀行でなくても住宅営業マンのいいように

されます。

 

住宅営業マンが同行するとは、住宅ローンの借り入れ

金額を限度額いっぱいまで借り入れするということなんです。

ま~全部が全部このような住宅営業マンや住宅会社ではないと

信じたいですが・・・

 

そのような危険を冒してまで、住宅会社の

営業マンの付き添いが必要かってことです。

毎月の返済額や家づくりの予算くらいは

施主自身が決めてよ!

という話です。

 

こんなことが2度とないようにこれからは

家づくりのアドバイスやサポートに専念して

いきたいのです。

ただ、逆にこのようなことがあったので

自分がやりたいことや自分の今後の夢に

向かって進んでいけるという意味では

感謝しなければいけないのかな(笑)

 

もちろん今回のように単に気が変わったという理由で

契約解除はできます。

施主さんの白紙の選択は施主さんにとっては正しかったかも

しれません。

しかし、間違っていたかもしれません。

そんなことは今は誰もわかりません。

 

ただ、契約解除するには施主さんもそれなりの責任と義務が

あるということを知ってもらいたいということです。

家づくりはある意味、信用信頼関係が重要ですから。

書面での契約前1週間。

工事着工予定から20日前。

白紙は白紙でも施主さんの誠意、心配りみたいなものは

残ですが、一切感じ取れませんでした。

お互いが価値観の違い?

 

カンタンには割り切れないというのが本当のところでしたね。

 

 

最近は何でも無料サービスを求めるということが

よくあります。

私自身も無料でいろいろなサービスを受けています。

ただそれは企業、会社側、工務店側の頑張り、努力です。

だから施主さんも最初に言うことがあるはずです。

 

今は御社に家づくりをお願いしたいと思っております。

ただ、途中で気が変わる場合もありますので、そのつもりで

設計や手配の方はよろしくお願いします。

もし気が変わったら契約関係はどうなるのか?

実費、損害を払うのか?それとも完全無料なのか?

 

この辺りは双方から確認しておく必要がありますね。

円満に別れるためにも。

 

今回はこれが確認できていなかったということです。

 

 

NHKの番組プロジェクトX。

 

良く見ていましたね~

 

これからもいい家を安く建てるため、

家づくりで失敗しないため。

あなたや家族が幸せに暮らせるように

家づくりのアドバイスやサポートをしていきます。

 

いい家も安く建築可能だし、他社の見積もり高いのは

当たり前だし、自分が欲しい家を予算内で

建てることは難しくないし、あなたの考え方ひとつ。

 

46年の経験や知識、智慧や技術そして人脈を使ってアドバイス

サポートします。

これからは施主さんと一緒に楽しいこと、面白いことを

やっていきたい。

 

工務店やハウスメーカーそして地域のビルダーが一番多く、家づくりをしている

建築業界で普通とはちょっと違う家づくりであなたの注文住宅の家づくりを

サポートして行きたいと思います。

 

そう思う今日この頃です。

 

長くなってきたのでこの辺りでまとめます(笑)

 

施主さんにとってのいい家づくりとは?
 
施主さんにとってのいい家づくりとは?

あなたが施主なら自分にとっていい家づくりとは?

どのような家づくりでしょうか?

私が考える施主さんにとってのいい家づくりとは、

こんな家づくりです。

欲しい家が予算の中でできるだけムダ費用を省いて
安くできる。

これが施主さんにとってのいい家づくりです。

あなたが欲しい家があなたが決めた安心安全予算の中で、
材料費や施工費以外のムダな費用を全部省いて納得できる
家づくりができていますか?

そのような家づくりをしてくれる建築業者をあなたは知っ
ていますか?


私は知りません。そのような施主さんにとって都合のいい業者は
知りません。
いくらネットで調べてもそのような業者は探せませんでした。


私以外では探せませんでした。

ただ、家づくりは私一人ではできません。

私の報酬や建築サポートという会社の利益は、ギリギリまで
減らすことは可能です。

報酬や利益減らしても少なくしても、それできちんとやって
いく方法や対策を考えますから。
 
このような家づくりはビジネスや会社の経営者としては
失格です。
 
それは自分でもわかっています。
経営者にはなれないけれど私は技術者です。
 
技術者なら技術者としての納得いく家づくりをしたいのです。
それがプロジェクトXです。
昔からのあこがれの家づくり。
 
施主さんや大工さん、その他の業者と議論を交わしながら
 
時には喧嘩もしながら施主さんの希望の家を完成させる。
そのような家づくり¥をしたいと思っています。
予算が多い少ないは関係ない。
 
何が何でもいい家を安く建てる。
他の誰にもできないことをやる。
自分の46年の経験と知識、技術、人脈、智慧、知恵を
十分に使っていい家を建てていただきたい。


しかし、工務店や職人さん、建材店さんなどの他の人たちは
そうもいきません。

私の理念やコンセプトは関係ないと言われますから。

しかし、それでも施主さんを含め共に良くなるように協力しても
らいたいと思っています。

それが私たちの小さな建築業者の存在価値ですから。


ただ、限界はあります。


施工する工務店や大工さん。そして建材のメーカーさんや

建材店。この人たちの協力が無いと、施主さんが欲しい家を
施主さんの予算内でつくるのは難しくなります。

材料を安く買い、施工を安くどこまで協力してくれるか?

そこがカギです。

しかし、このような考えだから施主さんからは誤解を受けることも
多々あり、法人としての会社の成長もなく、
もう少しどうにかしなければということは考えています。


大手建築会社の下請けから独立して15年かかりましたがこれは私自身の
勉強時間と言いますか、いろいろなことが経験できてこれからの家づくり
サポートには役立つと思っています。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
最後までお付き合いしてくれたあなたとなら
一緒に楽しくいい家づくりができそうです。
 
ご連絡をお待ちしています。
 
遠方の人とは直接会うことはなかなかできないと思いますが
メールのやり取りでも心は通じますし、家づくりのサポートは
できます。
 
一生の中で1回だけの家づくりの楽しい会話をしましょう。
 
 
 
2019年07月19日  有限会社 建築サポート 代表 高井弘一郎 (気持ち年齢 55歳)
 

 

 

 

追伸:最後にですが、誤字や文章がおかしいところがあったかもわかりませんが
それは笑ってお許しください。
 
 
 
 
 
 

«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net