建築サポートの家づくりシステムの最大のメリットは?予算内でOK

あなたが欲しい家をあなたが欲しい価格、予算で

建築できるようにアドバイスとサポート

建築サポートの家づくりは設計施工材料仕入れの分離発注の直営工事です。

数年前まで普通の建築会社のように設計施工の一括請負工事をメインで

やってきましたが、やはり建築費が高めになります。

 

高くなる原因の一番は全ての工事の責任は請け負った建築会社1社になります。

 

下請けの基礎屋、大工、電気屋、その他の専門業者のミスでも施主に対しての責任は

請け負売った建築会社だけです。

 

建築費を安く請け負っても、高く請け負っても責任はその1社です。

そのような責任を1社で持つのですから経費利益もそれなりに頂かないと

怖くて建築工事はできません。

 

建築工事では想定外のことが起こる場合も少なくありません。

たとえば、現場の住民からの音の苦情。

道路の迷惑駐車の苦情。

現場の火災、放火。

自然災害、台風、地震。

建築資材の盗難。

通行人にけがをさせた。

家が完成後に沈下した。

雨漏りが発生した。

大型車が通ると家が揺れる。

家が傾いた。

大工さんの施工が雑。

家の仕様が設計と違う。

素材が設計と違う。

キッチンが決めたのと違う。

希望した窓の位置が違う。

仕上がりイメージが違う。

現場の大工が言ったことが実際出来ていない。

現場は汚い。掃除ができていない。

施主さんに挨拶をしない職人。

施主さんに苦情を言う業者。

工事着工後の変更。

工事着工後の追加工事。

想定外の費用の発生。

アフターメンテナンス。

引き渡し後の正当なクレーム。

引き渡し後の理不尽な不当なクレーム。

 

 

まだまだ、書ききれないほどの想定外のことがいきなり問題になる場合も

あるのです。

 

一般的な工務店や建築会社が建てる家が高いのはこのような問題やトラブルを

解決しなければならないのでそのための費用が必要になるためです。

経費や利益が少ない場合、最悪このような問題やトラブルで倒産というケースも

あります。

そういう事で、

家づくりの全部の責任を持って工事をしているから建築業者が建てる家は高くなるのです。

 

その1社が何かトラブルや問題があっても全責任を持って解決しなければなりません。

当然と言えば当然です。

建築請負い業者ですから。

 

 

そのような今の家づくりの中で、良い家を安く建築できないのか?

 

材料費や施工費、設計費以外の経費利益を減らす方法はないのか?

 

という事で考えたのが設計施工材料仕入れの直営工事です。

 

建築工事の責任の所在を、施工店、設計事務所、建材店、建築サポートの

4社に分割しました。

 

それぞれがそれぞれの専門分野で自分の仕事に対して責任を持つ。

 

この方法ならば、今までのように普通に支払っていた工務店や建築会社の経費や利益を

減らせます。

 

全くなくすことも可能です。

 

 

建築サポートのこの家づくりシステムの一番のメリットは?

 

それは、

安くても良い家ができる。良い家が安くできる。

言い方を変えれば、あなたが欲しい家をあなたの予算内でできる。

 

このメリットは大きいと思います。

 

そして建築サポートの家づくりは「安くていい家を建てたい人」や「良い家を安く建てたい人」

「予算不足の人」「自分が欲し家を自分の予算内で建てたい人」

このような人向けの家づくりアドバイスとサポートです。

建築会社の有名ブランドで建てたい人や建築費や予算のことで悩んでいない人

困っていない人、お金を十分に出せる人には向かない家づくりサービスです。

 

そして、大手ハウスメーカーの家が高いのは安心料だという人。

建築サポートとの家づくりの価値観が全く違うのでこのような人も

建築サポートの家づくりには向きません。

建築費に1億2億無理なく出せる人やハウスメーカーのブランドが好きで

住宅ローンの支払いも無理がない。

 

建築費や価格の高い?安い?は人それぞれです。

ハウスメーカーのブランドで建てるも良し、低価格のローコスト住宅で

建てるも良し、あなたの予算や価値観で建てればいいのです。

 

しかし、いくらハウスメーカーのブランドが好きでそのブランドで家を建てたい人でも

身の丈以上な無理な住宅ローンを組んだら後の生活や暮らしが大変だという話です。

身の丈に合った家づくりをしないとあなたや家族が不幸になります。

家はあなたや家族が幸せに楽しく暮らすためのものですからね。

 

また、単に安い家が欲しい人や普通の工務店で普通の家が良い人、

家なんてどこで建てても同じという考えの人。

このような人にも向かない家づくりのサービスです。

 

ただし、この家づくりを行う時は施主さんはお客様ではなく

家づくりの発注者だという意識を持っている人。

万が一何かのトラブルや問題が発生した時は、

施主、施工者、設計者、建材店、建築サポートの当事者感覚で

話し合うことができる人。

 

このような人でないとこの家づくりは機能しません。

 

※業者にだけ責任を押し付ける人はこの家づくりには向きません。

また、分離発注の直営工事は一般的には何か施主さんにとっては面倒、大変というイメージが

ありますが、建築サポートの家づくりシステムはカンタン、分かりやすい、早い、

楽な家づくりです。

 

そのための建築サポートです。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net