私は少し高くても本物の建材がいいと思います。

家づくりは多くのお金がかりますので

 

少しでも安く建てたいと思うのが普通の考えだと思います。

 

安く建てるには安い材料を使うのが手っ取り早いのですが

 

人生で一度っきりのそれも大事な家族が毎日暮らす家に

 

ただ安いからと言って使うのはいかがなものでしょうか?

syuusei

 

安い建材と本物の無垢の板や塗り壁に大きな違いがなければ

 

安い建材でもいいと思いますが、耐久性や保温性が格段に違います。

 

そしてなにより、風合いや趣が化学建材ではどうしても出ません。

 

化学建材の床板やビニールクロスを使った家と無垢の木や塗り壁を使った

 

本物の家を比べたら本物の良さがわかると思います。

muku

 

お手軽に簡単に家づくりをする時代かもわかりませんが、

 

やはり一生で一回の家づくり、家族の健康、住み心地などを

 

考えたらやっぱり本物の材料にこだわりたいと思うものです。

 

あくまで私、高井個人の考え方です。

 

あなたなら本物の材料と化学建材どちらを使いたいでしょうか?

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net