「自社施工で安心」「直接施工だから安い」は本当なのか

「自社施工」は本当にいいの?

 

「自社施工で安心!!」「自社施工だから安い」

 

という話をよく聞きますが果たしてどうでしょうか?

 

工務店や建築会社は自社施工の一括請負という会社が殆どだと思います。

 

 

なぜだかわかりますか?

 

そうです。

 

それが一番やりやすいし儲かるからです。

 

 

自社で工事の場合、一貫した管理体制により一般的には工事品質の向上に

 

繋がると思われがちですが、すべての職人や現場監督を自社で確保管理するには

 

それ相応の人件費がかかります。

 

 

当然、それらはお施主さんの建築費に加算される訳です。

 

低価格を理由に本来の必要である作業を行わない、必要最低限の材料を

 

使用しない実例もあり、長期展望のなかではお施主さんの不利に

 

働くこともあります。

 

 

このように自社工事で安価に施工することすべてが

 

お施主様に対してのメリットではありません。

 

逆に自社施工するため多くの人員が必要になり、建築費が高くなります。

 

ハウスメーカーの高い価格がいい例です。

 

 

 

 

自社施工か否か?は決して業者を判断する基準ではなく、

 

本当にお施主さんに満足いただける家を予算内せ提供することが

 

できるか?が大事になるわけです。

 

 

入口はインターネットのお問い合わせであっても

 

出口はすべて「お施主様の笑顔」です。

 

 

人と人とのつながりを大切に一人でも多くのお施主様に満足

 

いただける様、家づくりの場合はアウトソーイングが良いと思い

 

設計施工材料仕入れを分離しています。

 

そのメリットとしてコスト削減効果はもちろんのこと、

 

自社施工で行うよりも高い付加価値がついた家づくりが可能になります。

 

 

建築サポートが、どのような予算でも少ない予算でも建築が可能ということは

 

自社施工では到底無理です。

 

自社施工しないからこそ必要最低限の経費で家づくりも可能になる大きなメリットなんですね。

 

ここが建築サポートと一般の工務店との大きな違いの一つです。

 

 

デメリットとしては、私の知識や技術が他の工務店にも流失する。ということです。

 

ただそれは私に対するデメリットでお施主さんのデメリットではありません。

 

お施主さんにとってはメリットだけだと思っています。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net