見積もり方式には複合単価方式と原価公開見積もりの2種類がある

見積もり方式には複合単価方式と原価公開見積もりの2種類がありますが

どちらにも一長一短があります。

まず、複合単価見積とは、材料費や労務費に建築会社や工務店の経費や利益を

上乗せした見積です。この見積のメリットは、全体の予算を把握することができ

総予算の調整ができます。

その反面、材料費や施工費、建築会社、工務店の経費利益が見えにくいので

価格の適正がわからないため相見積もりなどで価格が安いのか高いのかを知る必要があります。

複合単価

 

 

 一方原価公開方式は、価格の相場や適正さが明確になっており、材料や施工費個別の

コスト調整もしやすい見積もり方式です。

また、通常は隠しておきたい会社の経費や利益も公開されます。

どちらもメリット、デメリットがありますが、建築サポートでは両方の見積もりを

出すようにしています。

原価方式

原価方式

建築サポートが最近使っている予算を聞いてからの予算配分書の実例の1回目。地盤調査や住宅ローンの経費などはこの段階では分からないため予算配分をしていません。

こちらの見積の書式はキッチンやバスなどの施主さんの予算の中でこだわりに応じて価格がハッキリ明確に分かるため施主さん自身が予算や好みで設備機器や素材を選べるようになっており施主さんからも分かりやすいと好評です。

注文住宅の家づくりでは、安くてもいい家にするにはこのように明確で安い見積が必要です。内容が分かり安い見積書がありこの金額で工事契約を行うのですから、予算オーバーや契約後の追加工事もありません。

安くてもいい家。自分が欲しい家を自分の予算内で建てるには見積もり、予算配分書が自分の予算内になっていないといけないという事です。

建築業者の見積が予算をオーバーしているときにはまずは数字だけでも予算内に納まるように調整し、後はその見積もり金額で家づくりができるように考えます。

そうすることで予算オーバーは防げます。

注文住宅の家づくりは予算ありきなのでまず一番最初に予算を決めて工事予算配分書を作りましょう。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net