家づくりが失敗するか成功するかその分かれ道とは

家づくりに係わって40年が過ぎようとしているわけですが

 ようやく技術者として、満足行く家が出来て来たと思っています。

暖房【写真:薪ストーブカタログ】

 ハウスメーカーや他の工務店の下請けと言う立場で

合板フロアーやビニールクロス仕様の家を数多く建ててきて、

 初めて塗壁や木の家の良さが良くわかるのです。

 これがもしビニールクロスや新建材の合板を使った家しか

 手がけていなかったら、塗り壁や無垢の木の良さを

 あなたに伝えることはなかったでしょう。

 

重厚感があり時が経っても風合いがある外国の家に負けないような

 

自然のエネルギーが一杯詰まった家を作らなければいけないと

 研究開発(チョッと大袈裟)したのは、平成16年の事です。

 張物の工業製品が大部分だった当時の家を根気よく研究し、

 いまやどこにもひけを取らない本物の家を作る事が

 できるようになりました。

 

本物の家と言っているのは、偽物の家があると思っているからです。

 合板やビニールクロスの家とい塗り壁や無垢の木の家と区別

 して欲しいからです。

 ただ、塗り壁と無垢の木を使いさえすれば、それで全て解決

 という単純なことではありません。

 

 良い家を建てたい!

 自身を持ってススメられる家を作りたい。

 そう思う価値観を大事にしている。

 そのような中で私たちは、「家中住み心地のいい空間づくり」を目指し、

 その分野の専門家でチームを組み断熱・気密・蓄熱・保温・射熱・換気・構造・耐久

 が研究され、6年にわたる思考錯誤の結果、塗り壁や木などの自然素材を使用した、

 快適な空間の本物の家が出来るようになりました。

 

この建築サポートで作る家は自然のエネルギーを一杯含み、

 高性能な冷暖房器具に頼るのではなく、家そのものが持つ自然のパワーによって、

 猛暑や酷寒・湿気を家全体の自然のパワーで防いでくれるそんな家なのです。

 時が経っても汚くならず風合いや味が出てくるのが特徴です。

 

 この自然素材のエネルギーを十分含んだ家に住むと、

心身供に健康になり、やすらげることで、家族を愛する方々に多大な支持を得ています。

 まだまだ、改良点は多くあると思うが、これからの家づくりの、基本となる家づくりであることに

 間違いないと思う。

 

 このブログを読んでいるあなたは、ラッキーです。

 なぜなら、良い家の選択肢が一つ増えたのですから・・・

 

 

家づくりはあなたが主役です。

 どんな家を建てようがどの会社に家づくりを依頼しようが

あなたの自由です。

 極端な話し、あなたが他の会社で家づくりで成功しようが失敗しようが

 私には関係ありません。

 

 良い家を作りたい。

 価値ある家を作りたいと

 一生懸命子供のためや家族のために

 頑張っている人には全力で応援したいという

 気持ちがあります。

 私もあなたと同じで、お金の大切さを良く知っています。

 1円でもムダにしたくないと思っています。

 

あなたにとって、一生一大の事業である家づくりに後悔は

して欲しくないと思う今日この頃。

 

ただ、私も人間。

 疲れるような家づくり、気を使いすぎる家づくりは

 やりません。

 なぜなら家が完成する前に自分の精神や体が壊れてしまっては

 何にもならないからです。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net