これからの家づくりは高性能、高機能

今までは寒かったですが、これからはだんだん暑くなってきます。

 

家づくりも大変です。

 

寒さや暑さに対抗して健康に快適に暮らせる家を作らないと

 

いけないので、それなりの知識や知恵、技術が必要です。

 

 

 

さて、

 

 

  ■高齢者の特徴

 

 

  高齢になると、

 

  ・食事の量が減るので、質の良い栄養補給が難しくなる

 

  ・若かった頃より、気温が高くなっていることに気付きにくい

 

  ・のどの渇きを感じにくいので、水分不足になりやすい

 

  ・足腰が痛くてトイレに行く回数を減らしたい人は

 

   水分摂取を意識的に控える

 

  ・エアコンの風が苦手で、猛暑でも扇風機のみ

 

  ・電気代節約のため、冷房器具を使わない(使えない)

 

  という傾向があります。

 

 

 

  ■室内が暑くなる原因は?

 

 

  外の熱は、屋根、外壁、窓、基礎から室内に侵入します。

 

  室内では、家電用品、人やペットの体温、調理中の熱などが

 

  室温を上げる原因になります。

 

 

  つまり、室内の温度管理をするには、断熱性能を高めて

 

  外からの熱の侵入を防ぐのが大前提になります。

 

  それに加えて

 

  室内で発生した熱を外に逃がす工夫(換気・通気)をするのです。

 

 

  「高断熱だから快適だと思っていたのに、夏は魔法瓶状態で大変」

 

  というケースは、全体の計算ができていないからです。

 

  そんな業者は避けたいですね。

 

 

 

  ■熱中症を防ぐために

 

 

  温度も湿度も高くなる浴室やキッチンの他、

 

  直射日光が当たる部屋は、特に危険な場所です。

 

  また、空気の動きの無い、熱がこもった寝室も危険です。

 

  睡眠中は、健康な人でもコップ一杯分の水分が奪われます。

 

  エアコンや扇風機を使わず、締め切った部屋で寝ている人は、

 

  それ以上の水分が奪われるので

 

  『夜間熱中症』のリスクが高まります。

 

 

  室内での熱中症を防ぐには、

 

  部屋毎の対策では難しいものです。

 

  家全体の断熱や気密、換気などを考慮し、

 

  終の棲家としての能力がある家づくりを目指したいものです。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net