注文住宅の部屋づくり

室内に統一感を持たせるため、

 

どんなイメージが好きなのか

 

どんな色使いで構成したいのか考えてみましたか?

 

外出先でホッと落ち着く空間に出会った時などは

 

そこの様子を観察して、イメージを膨らませてみてください。

 

 

ところで、家具が多い部屋に入った時、

 

雑然とした印象を受けたことはありませんか?

 

家具の占有面積は

 

部屋面積の3分の1以内に抑えるのが理想だとか。

 

とはいえ、その部屋での過ごし方によっては、

 

3分の1以上になる場合もあります。

 

 

そんな時は

 

・家具の色や高さ、奥行を統一する

 

・家具の上や横に物を置かない

 

・収納してあるものが見えないよう、扉やスクリーンで目隠しする

 

といったことを意識しましょう。

 

 

しかし、家具の用途によっては、

 

高さや奥行きを揃えるのは難しいものです。

 

その場合、遠近法を利用して

 

入り口近くに大きな家具を置き、

 

入り口から遠くなるほど小さな家具を置くという方法もあります。

 

 

また、自然と視線が集中する場所にお気に入りの小物を置けば、

 

他の部分から視線を外すこともできます。

 

その場所をフォーカルポイントいいます。

 

床の間の花や掛け軸を想像するとわかりやすいでしょうか。

 

 

そのために何かを買わなければいけないということはありません。

 

お子さんが描いた絵、家族の写真、

 

家族が趣味で作った作品などを飾るなど、

 

あなたならではの空間づくりを考えてみましょう。

 

 

そのほか、動線も大切です。

 

ソファーやテーブルなどの壁沿いに置けない家具を配置する際、

 

移動しやすい動線を確保することも、

 

スッキリした部屋作りに役立ちます。

 

 

あなたと家族で最も長く過ごす部屋はダイニングですか?

 

それともリビングですか?

 

 

家族が長時間過ごす場所は、モノが多くて雑然としがちです。

 

快適な部屋は掃除しやすい部屋でもあります。

 

 

 

あなたも快適な部屋作りを楽しんでくださいね。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net