注文住宅や家づくりにムダな経費を掛けないと建築費は安くなります。

大手住宅メーカーの家づくりの価格。

 

41坪の家を建てれば建築費が約3000万円

 

坪単価73万。

 

それで実際の建築費が1710万円。

 

後の費用は下請け等の中間マージンが600万円。

 

営業経費や広告宣伝費が210万円。

 

 

研究開発費、モデルハウスで250万円。

 

その他会社経費等で230万円。

 

 

大体こんな感じで施主さんが出した3000万円のお金が

 

使われます。

 

 

3000万円も出したのに実際の家に使われるのは1700万円!

 

 

その他建築会社の都合で好き勝手に使われているのが

 

1300万円!

 

 

こんな今の家づくりで良いんですか?

 

 

1300万円という大金が家以外に使われている現実。

 

そして1300万円も家以外に使わなくてもできる賢い家づくり。

 

 

大手住宅メーカーの1300万円という家づくりの経費利益は

 

高すぎです。

 

 

無駄なマージン 経費を削減し 建築費のコストダウンを

 

しましょう。

 

 

 

その他建材の流通マージンも高すぎです。

 

 

建材メーカーから卸し問屋、問屋、建材店、工務店、施主と

 

いうように建材が流れてきますが、それぞれにマージンがかかり

 

現場に届くときは恐ろしく高くなっている。(多分)

 

 

 

このように今の家づくりは当然に建築費が高くなるシステムで

 

家づくりが行われています。

 

 

建築会社自体のコスト構造と材料の流通経路の問題。

 

 

この2つの今のコスト高の原因をなくせば自然と家は安くなります。

 

シンプルイズベストという言葉がある通り家づくりは複雑難解を

 

やめてカンタン分かりやすいシンプルにすれば家の建築費は自然と下がり

 

ます。

 

今はインターネットを利用すれば営業マンもいらないし広告宣伝費も

 

抑えられます。

 

 

材料もネット注文で手間もかかりません。

 

そのような便利な今のツールを最大限に利用すれば、建築費に

 

ムダな費用を1000万円以上上乗せしなくてもきちんとした家づくりが

 

可能になります。

 

 

 

 

建築サポートの家づくりシステムは業界平均価格を大きく下回る

 

坪単価40万円で自然素材x高断熱x高耐震xデザインxエコ住宅を

 

実現できる家づくりです。

 

 

 

さて、このようにムダな費用1000万円を省いて建築コストを下げる

 

とどうなるでしょう。

 

 

1・大切なお金を無駄に使わないで家づくりができる。

 

2・自分の家のグレードアップのためにお金が使える。

 

3・住宅ローンの毎月の返済が少なくなり楽になる。

 

4・ムリして必要以上の借金をしないですむ。

 

5・家族旅行や外食、子供の教育費、趣味のために給料を使える。

 

 

こんなにいいことがありますよ。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net