あなたの予算の中で家づくりをすることが基本です。

家づくりはお金がかかりますよね。

1000万円~2000万円という大金がかかるんですが、あなたは

どうやって家づくりをしますか?

 

現金?

多くの方は現金ではなく住宅ローンという借金で家づくりをします。

借金は多いと返すのに大変な苦労が必要ですし、最悪家族はバラバラ、破たん・・・

借金で建てる以上、借金は出来るだけ少ない方がいいわけです。

 

少ない予算の中で家づくりをする場合、何を考えればいいのでしょうか?

まず考えることは何のために家をつくるかということです。

雨風しのげればそれでいいのか?

高気密高断熱の家をつくりたいのか?

それによって建築費用も変わってきます。

ただ一つ言えるのは、大きい家や要望などを多く出せば出すほど

少ない予算では家づくりはできないということです。

 

予算は少なく、でも家は豪華に作りたいなどは

あり得ないことですので、予算に合った家や身の丈にあった家を

つくることを考えるべきではないでしょうか。

良い家をつくりたい。

でも予算も少なくしたい。

施主も私たち建築業者も頭の痛い問題です。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net