家は多くの材料からできています

家づくりにはたくさんの材料を使います。

 

木材、設備機器、細かい建材なども合わせると

 

数万点にもなるとも言われています。

 

 

建築施工業者はその材料を組み立てる仕事です。

 

断熱材や柱、構造材といった材料は家には欠かせない

 

材料です。

 

 

その材料はそのままだとただの材料です。

 

夏の暑さや冬の寒さを和らげてくれる断熱材も

 

台風や地震から家族を守る柱や梁もそれだけでは

 

ただの材料です。

 

 

しかし、それらの一つ一つがきちんと組み上がった時

 

家になりそしてそこに家族が住み始めたら住まいになります。

 

そして家族が健康に暮らすことができて幸せになるんですね。

 

 

何をいいたいかと言うと、材料を売るだけなら建材店で十分です。

 

 

その材料を組み上げるだけなら大工さんで十分です。

 

 

住まいにしてこそ建築会社ということですね。

 

 

材料費のほかに建築会社の経費としてハウスメーカーのように40%以上

 

もの経費を取るのならちゃんとした住まいにして初めてその

 

報酬をいただけるのではと思います。

 

 

いくらいい材料を使ってもただ組み立てるだけなら

 

何にもなりませんからね。

 

 

 

 

 

数十年前は現場の仕事が一番大事で企画や計画、設計は

 

どうでもいいというようなところもあったかもしれませんが

 

最近は材料も設備機器も適材適所でよく考えないと

 

宝の持ち腐れ状態になります(笑)

 

 

いくらいい断熱材を使っても、窓がアルミサッシでは

 

結露が防げないのと同じで、いくら建築費が高くても

 

ビニールクロスや、合板では能がありません。

 

 

そこにはちゃんとした企画力、設計力がないと

 

価値のない家になり住まいとはいえなくなるんですね。

 

 

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。