家は多くの材料からできています

家づくりにはたくさんの材料を使います。

 

木材、設備機器、細かい建材なども合わせると

 

数万点にもなるとも言われています。

 

 

建築施工業者はその材料を組み立てる仕事です。

 

断熱材や柱、構造材といった材料は家には欠かせない

 

材料です。

 

 

その材料はそのままだとただの材料です。

 

夏の暑さや冬の寒さを和らげてくれる断熱材も

 

台風や地震から家族を守る柱や梁もそれだけでは

 

ただの材料です。

 

 

しかし、それらの一つ一つがきちんと組み上がった時

 

家になりそしてそこに家族が住み始めたら住まいになります。

 

そして家族が健康に暮らすことができて幸せになるんですね。

 

 

何をいいたいかと言うと、材料を売るだけなら建材店で十分です。

 

 

その材料を組み上げるだけなら大工さんで十分です。

 

 

住まいにしてこそ建築会社ということですね。

 

 

材料費のほかに建築会社の経費としてハウスメーカーのように40%以上

 

もの経費を取るのならちゃんとした住まいにして初めてその

 

報酬をいただけるのではと思います。

 

 

いくらいい材料を使ってもただ組み立てるだけなら

 

何にもなりませんからね。

 

 

 

 

 

数十年前は現場の仕事が一番大事で企画や計画、設計は

 

どうでもいいというようなところもあったかもしれませんが

 

最近は材料も設備機器も適材適所でよく考えないと

 

宝の持ち腐れ状態になります(笑)

 

 

いくらいい断熱材を使っても、窓がアルミサッシでは

 

結露が防げないのと同じで、いくら建築費が高くても

 

ビニールクロスや、合板では能がありません。

 

 

そこにはちゃんとした企画力、設計力がないと

 

価値のない家になり住まいとはいえなくなるんですね。

 

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net