これからの家づくりは高断熱で健康に暮せるように作りましょう。

【高断熱材と樹脂窓】

dsc08251

 

もう10年以上も前の話ですが、2003年の夏、記録的な猛暑により

 

フランスで約1万5千人の方が亡くなりました。

 

あなたは覚えていらっしゃいますか?

 

 

あのとき驚いた事は、

 

亡くなった人の多くが、家の中に残っていた高齢者や

 

身体が弱い人、小さな子どもだったということです。

 

家の中も油断はできない、

 

ということを思い知らされた出来事でした。

 

 

日本でも、室内での脱水症状を防ぐための対策が、

 

数多く報道されました。

 

 

3歳頃までに汗を出す機会が少なかった人は、

 

大人になっても汗が出にくいといわれます。

 

そんな体内の余分な熱を出す機能が弱い人たちも、

 

高齢者や子ども同様、夏は怖い季節ですね。

 

 

一般的に気温が33度以上になると、

 

高齢者の死亡率が高くなるといわれています。

 

その原因として、

 

高温による免疫力の低下、

 

発汗と水分の補給不足からくる脱水症状、

 

血液循環の減少などがあります。

 

 

健康な方ならば、

 

身体は心臓の温度を上げないようにするため

 

血液を手足に流し放熱します。

 

しかし、高齢の方はそれがうまく機能せず、

 

脳卒中や心臓発作を引き起こしてしまうことがあるそうです。

 

昨年の夏は大丈夫だったから・・・と油断できませんね。

 

 

また、数十年間家族を守り続けてくれている家は、

 

断熱性が低いものが多いですよね。

 

夏、西日が入る部屋は灼熱地獄。

 

暑すぎてクラクラします。

 

 

夜も壁や天井が熱を持っているので、寝苦しいものです。

 

室内で冷房をつけても、

 

足元だけが冷えて冷房症になることもあります。

 

 

日中でも、赤ちゃんは寝ていることが多いので、

 

家事をするお母さんに合わせて冷房をつけていると、

 

赤ちゃんだけがつらい思いをすることにもなりかねません。

 

 

新築時の断熱を考えることは、

 

 

冬の結露対策だけではないんです。

 

夏の熱さ対策にも有効です。

 

 

壁や窓だけではなく、屋根裏の断熱もすることで、

 

より暑さをやわらげることができます。

 

「高断熱はお金に余裕がある人が

 

快適性を求めるためにするものだ。贅沢だ」

 

と思っている人。

 

もしかしたら今まで断熱とか、住いの快適さとか

 

には興味が無かったかもしれませんね。

 

 

でも、健康を・・・命を守るためだったら?

 

 

暑さ対策は、

 

よしず、遮熱カーテンなど比較的安価なものから、

 

樹脂窓、現場発泡断熱材、複層ガラス、壁・小屋裏断熱までいろいろな方法がありますが、

 

もしも、あなたが毎年、今の家で冬の結露や夏の室内の暑さに苦しんでいるのなら、

 

家族の健康のために、高断熱の家づくりを検討してみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

リフォームと違い新築の場合は最初から

 

夏の暑さ対策冬の寒さ対策、結露対策が

 

十分できます。

 

 

しかしそのような情報を知らないばかりに

 

新築でも暑い家、寒い家を建ててしまい

 

後悔している人が大勢います。

 

アルミサッシやグラスウールでの断熱対策では

 

不十分です。

 

健康に暮らせるように夏の暑さ対策、冬の寒さ、結露対策は

 

万全にやりましょう。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net