佐賀でも必要な高気密と高断熱の家

最近、夜は暖房が必要になるような温度で、

 

これから先は毎日が暖房が必要になってくる時期です。

 

 

そこで今日は冬暖かい家の高気密高断熱についてです。

 

 

高気密とは隙間なく断熱材を詰めたり、隙間が少ないサッシを

 

使って出来るだけ隙間がない状態です。

 

高気密にすることで冬の冷気や夏の暖気が家の中に入ってこないように

 

するのが高気密です。

 

 

目的は外気温に影響されないようにするためですね。

 

高気密の逆に低気密という言葉がありますが、低気密の家は

 

断熱材を入れはしますが、隙間があちこちにできて、冷気や暖気が

 

自由に浸入してきます。

 

 

低気密の問題点は壁の中に結露が発生しやすいという点です。

 

冬は室内は暖房してその暖房熱が壁の中に入り、外から浸入してきた冷気と

 

ぶつかり結露となります。これが続くと柱や土台が腐れてくると言う状態に

 

なるんですね。

 

 

壁内結露を防ぐことが家の耐久性につながります。

 

もちろん壁内結露が起きても、温暖地なら数年で柱や土台が

 

腐れて倒壊するということはありませんが、その結露によって

 

運悪くシロアリが発生した場合は、数年で倒壊の危険も出てきます。

 

だから、壁内結露を防ぐことは、シロアリの発生も防ぐことに

 

繋がります。

 

 

ただシロアリについては壁内結露がないから絶対喰われないという保証はできません。

 

100%大丈夫ということはあり得ませんからね。

 

木の家の寿命に関係するのはやはり湿気が大敵です。

 

この壁内結露を防ぐためには高気密=断熱材を隙間なく詰めるという

 

ことが大事になります。

 

 

その他高気密には換気や内装材に使う材料なども、住み心地や

 

健康、安全、省エネに関係してきます。

 

高気密にもどれだけ隙間をなくすかという数字、C値というものがありますが

 

温暖地はC値1程度で良いかと思います。

(今はこのC値というのは無くなりました)

 

この数字は、1m2で1cm2隙間があるということです。

 

例えば100m2の家の場合C値1の気密性能の場合、家全体で100cm2隙間が

 

あるということです。

 

 

1メートル真四角の穴が開いているのと同じです。

 

ある程度気密性能がいいC値1でも隙間を寄せ集めると

 

結構な隙間があるんですね。

 

省エネ基準以前の家はC値5~7程度と言われていましたから

 

相当な隙間があったんですね。

 

 

やはりC値7位になると隙間から冷気や暖気がバンバン入ってくるので

 

冷暖房もガンガンやらないと快適にならないですね。

 

 

高気密にした場合の注意点はやはり換気と内装材です。

 

キチンとした換気計画と自然素材を使うことで

 

快適、健康で省エネ、耐久性もいいということになります。

 

 

高気密の流行りたての時、換気もなくて、新建材が多用されたため

 

シックハウスというものも引き起こされました。

 

また寒冷地以外は夏の遮熱対策をやらないと今までの家と同じような

 

暑い家になってしまうのでそこも注意です。

 

 

 

高気密は出来るだけ隙間をなくす技術ですが

 

高断熱とは、断熱性能の高い断熱材やサッシを

 

使って断熱性能を高めることです。

 

 

いくら隙間なく断熱材やサッシを使っても

 

断熱性能が低い材料をつかったら冷気や暖気は時間をかけて

 

浸入してきます。

 

それを防ぐのが高断熱ということですね。

 

以前はサッシも単板ガラスが1枚入っていたサッシが

 

主流でしたが最近ではペアガラスが普通になってきました。

 

そして夏対策の遮熱ガラス入りペアガラスも有効です。

 

 

 

 

高気密という言葉を聞いて息苦しいと思う人もいますが、

 

本当のところは省エネルギーで冬暖かく、夏涼しく暮らすための

 

大事な技術です。

 

言葉の意味を良く考えて快適な住まいをつくりましょうね。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net