家づくりは知っているか?知らないかで大きく違います。

あなたは、阪神淡路大震災の時、

 

死者の92%が地震発生から14分以内に

 

亡くなっていたことをご存知ですか?

 

原因のほとんどが、建物の倒壊による圧死や窒息死。

 

 

神戸市長田区というところがあるんですが、

 

長田区と言えば、被害が大きかったところですよね。

 

住宅地には、古い家屋が密集した部分もあって、

 

「もし火事になったら大変だろうな」

 

というような思いを持っている人も多いとか。

 

 

お風呂が無い家が多いのか、銭湯が賑わっていたそうです。

 

被害の大きかった灘区も、

 

同じように古い木造住宅が多かったんです。

 

 

この震災の時、木造住宅よりプレハブの方が残っていたらしく、

 

「地震にはプレハブの方が安全」

 

という印象を、世間に与えてしまいました。

 

 

当時の新聞でも、そう報じられました。

 

でも実際は、耐震性の弱い古い家屋が多かっただけなんです。

 

 

あの時、木造住宅の良さを知る業者たちは、

 

誤った情報を止められず、それはそれは悔しい思いをしたそうですよ。

 

 

今、またそれが繰り返されようとしているように感じます。

 

 

東北では、津波がいろんなものを飲み込んでしまいました。

 

その中で、いくつかの家が残りました。

 

その様子を基に、また偏った情報が出たり、

 

不安感を狙って、詐欺まがいの変なセールスがあるかもしれません。

 

 

現在のところ、あの大きな津波の被害を避けようと思ったら、

 

津波が来ない高台に家を建てるしかありません。

 

でも、建物が津波に流されなくても、中はぼろぼろになります。

 

補修するのには、相当な費用がかかります。

 

 

一方、地震対策ですが、

 

阪神淡路大震災を境に、建物の耐震性は格段に向上しました。

 

ある程度の揺れにも耐えられるようになっています。

 

ただ、築年数の古い家は、まだまだたくさんあります。

 

 

また、以前は新築の際に地盤を調査することが

 

義務付けられていませんでした。

 

なので、弱い地盤の上に耐震性の高い家を建てているケースが

 

あるかもしれません。

 

 

さらに、性能をアピールしつつ手抜きをする業者もいるかもしれません。

 

 

「お宅の外観を見たんですが、ちょっと傾いてますね。

 

 早く補修工事をしないと大変なことになりますよ」

 

とか

 

「この地域の地盤が弱いことが分かって、順番に地盤改良をしているんです。

 

 液状化現象の被害を御存知でしょう?」

 

というような、一見親切に見える悪徳業者が来たら、注意して下さいね。

 

 

普段は訪問業者を追い返す人でも、

 

不安に感じている部分に付け込まれたら、つい反応してしまいます。

 

 

 

既に、もう悪徳業者が出現している地域もあるそうです。

 

残念なことに、人の不安に付け込むような業者は、いつの時代にもいます。

 

どうかどうか、気をつけて下さいね。

 

 

 

 

 

 

訪問販売の悪徳業者に限らず、新築においても

 

「こんなはずじゃなかった」とならないために

 

必要なことは何でしょうか?

 

それはただ一つ。

 

家づくりの大切なことを知っているか知らないかです。

 

もちろん知っているということが大切なことなんです。

 

 

なぜ、自然素材を使うのか?

 

なぜ、省エネが大事なのか?

 

なぜ、健康的な暮らしには断熱材が関係しているのか?

 

なぜ、小規模な業者がいいのか?

 

まだまだありますが、こういうことを知ることが家づくりにスタートです。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net