いい家を安く建てる方法

いい家を安く建てる方法を良く聞かれます。

 

その答えとして、あなたも知っている通りです。

 

家の広さを小さくする。

 

内観を複雑なデザインにしない。

 

外観を四角いシンプルな家にするとか、使う材料を

 

統一するとか、小規模な建築業者に依頼するとか、

 

安い材料を使いローコスト住宅を建てるとか、

 

設備機器、キッチンやバスを施主支給にするなど

いろいろあります。

 

 

ただ、それらを実行しても思ったほど価格、建築費が下がらない

場合も多いのです。

 

また、良い家や品質の高い家を安く建てるにはどうすれば

良いのでしょうか?

 

もうお分かりですよね。

 

このサイトのタイトルでもあるように、材料費や施工費+設計費のみで

家づくりをすると品質を下げずに安く建ちます。

 

これ以上にいい家を安く建てる方法は他にはありません。

 

材料費や施工費+設計費のみという事は、工事原価という事です。

 

多くの場合建築業者さんの経費利益が数百万から数千万円も

 

建築費に上乗せされています。

 

こうなると良い材料や良い施工をしたくてもそっちの方にお金を

使えません。

 

建築業者さんにとっての予算の使い方としては、

3000万円の予算があるとしましょう。

 

そこからまずは経費利益の1200万円を引きます。

残ったのはいくらでしょうか?

 

カンタンですね。

1800万円が材料費や工事費、設計費となります。

 

施主は3000万円の家を建てているつもりでしょうけれど、

実際は1800万円の家を建てているのです。

 

新築、引き渡しを受けた後、事情で家を売る時の

評価価格がガクンと低いのは評価は1800万円しか

見ないからです。

 

建築業者さんの経費利益分を引かれるからです。

 

それだけの価値の家だとみられるからです。

 

 

これでは本当にいい家を安く建てることはできません。

 

良い家を安く建てるには建築業者さんの経費利益分を減らすのが

一番です。

 

そして、

良い家を安く建てる方法は、経費利益を少なく施工してくれる建築業者さん

を探すことです。

 

ただ、良い家を安く建てる方法は分かっても具体的にどうやるのか?

 

分からない人も多いかと思います。

 

そんな時は建築サポートにご連絡を!

 

これができるのが設計、施工、材料仕入れの分離発注を

行っている建築サポートだけです。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net