家づくりの流れ

家づくりの流れ                                                2015/9

 

   

  1・住宅相談、 全体資金計画相談、企画設計施工プロデュースの説明

  2・企画プラン申込み(無料)メール申込み可

  3・工事予算配分書、間取り、外観図作成(間取り集より選択)

  4・間取り、外観、サッシ、設備機器、内装建具、の仕様決定

(YKK、リクシル、ウッドワンのプランボードまたはショールームで確認)

  5・4者契約(建築主、工務店、設計事務所、建築サポート)

  6・工事着工

  7・棟上げ

  8・現場打ち合わせ2回~3回(窓の取り付け高さ、電気コンセント、スイッチ、照明)

  9・完成

  10・設備機器の取り扱い説明

  11・登記完了後引き渡し

  12・1年後床下点検(シロアリ、水道配管の漏れ)

  13・万が一の施工不良、不具合、アフターは施工した工務店より実施いたします。

 

※諸事情により家づくりの流れは変更する場合もあります。

 

 

 

※原則、契約前の打ち合わせは間違いや勘違いを防ぎ頻繁に綿密な打合せが可能なメールで行います。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net