工務店かハウスメーカーか

家を建てる方が重要視するのは

 

価格・デザイン・信頼関係

 

というこの3つが多いのですが、今日は価格について考えて

 

見ます。

 

 

価格については、やはり大工さんに依頼するのが

 

一番安いです。

 

 

ただし、普通の職人で働く大工さんではなく、

 

請負工事もやる、施工専門の大工さんです。

 

一般的には大工工務店と呼びます。

 

 

職人である大工さんも安そうですが、仕入れや

 

製造メーカーとの価格交渉をやったことないので

 

仕入れが高くなります。

 

 

その点、大工工務店の大工さんは価格交渉や値引き

 

交渉も常々やっているので、割と安く仕入れられます。

 

そして、大工工務店でも特別な仕入れルートを持っている

 

大工工務店の方がもっと安く仕入れができます。

 

特別なルートを作るには、初期投資のお金がかかるので

 

仕入れ金額を下げるのに熱心な大工工務店でないと

 

無理です。

 

 

安く仕入れるための加盟金などが数百万かかりますからね。

 

 

例えば、80万円ほどのシステムキッチンが32万円

 

75万円のシステムバスが23万円で仕入れ可能になります。

 

 

話がずれましたが、価格を下げるためには、特別仕入れルートを持っている

 

大工工務店に依頼するのが一番いいです。

 

 

一番建築費が高いパターンは、ハウスメーカーです。

 

ハウスメーカーを始め、大手建築会社に依頼すれば広告宣伝費やら研究開発費

 

などなど1000万円近くとられますからね(笑)

 

 

その点大工工務店なら、現場の施工管理費の多くて100万円だけですみます。

 

ただ、大工工務店は施工が仕事ですので、ちゃんと施工できるだけの設計図は

 

別に建築士に作ってもらう必要があります。

 

 

そのため建築士の設計図面作成費用が20万円くらいかかり

 

設計監理まで依頼するなら全ての費用で220万くらいはかかります。

 

しかし、大工工務店の管理費と建築士に払う設計監理費を

 

足してもハウスメーカーあたりと比べると、700万円以上、

 

安くなります。

 

設計施工分離で建物を大工と建築士が協力して建てるのが

 

ベストな方法です。

 

公共工事は皆、施工と設計は別々です。

 

これが当たり前です。

 

住宅業界が異常なんですね。

 

 

 

このように大工工務店で作る家が一番安いにも

 

かかわらずなぜ多くの人は有名ハウスメーカーに

 

家づくりを依頼します。

 

それは簡単な話で、大手ハウスメーカーは良く知っているけど

 

大工工務店なんてどこにあるかも分からないし、全く知らないからです。

 

ただ知らないだけで、

自分の首を絞めるだけです。

 

 

ハウスメーカーでも建てるのは地元の大工ですから、大工工務店と同じです。

 

同じ家を建てるのにわざわざ1000万円近い中間マージンを支払う

 人の気持ちはわかりません。

 

 

 

ハウスメーカーが安心。

 

なぜ安心ですか?100%倒産しないんですか?

 

大工工務店は100%逃げも隠れもしません。

 

 

ハウスメーカーが技術が高い。

 

なぜ技術が高いのですか?断熱や湿気対策を十分考えているんですか?

 

大工工務店は長期優良住宅は当たり前、湿気対策、シロアリまで気を配っています。

 

 

ハウスメーカーはメンテナンスが安心。

 

なぜメンテナンスが安心なんですか?メンテナンスが頻繁に必要なんですか?

 

大工工務店はメンテナンスが最小限の材料を使い丁寧に施工しています。

 

 

これでもハウスメーカーに頼みますか?

 

ハウスメーカーに頼む理由はありません。

 

 

それでもハウスメーカー信仰の人はいます。

 

それはそれでしょうがないですが。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net