基礎パッキンについて

Q、ある工務店の現場見学会に行ったら、

基礎と土台の間には、樹脂製の土台パッキンを使用す

ると言われました。

耐久性は十分あるということでしたが、私はどうしても、樹脂製のもの

は心配です。

ホントのところはいかがなもんでしょうか?


という質問にお答えします。


A、土台パッキンは「基礎」と「土台」を縁切りすることで、

コンクリート(基礎)の水湿分を土台が吸収し、

腐朽することを防ぐ効果が

あります。


これにより、床下部分の耐久性を向上させます。

また、従来の「基礎切欠きタイプの換気口」

に比べて約1.5~2倍

の通気効果があるため、

床下全体を淀みなく換気します。

さらに、

基礎を切欠く必要がないため、

基礎の耐震性能を低下させる心配も

ありません。


素材は、一般的に樹脂製のポリプロピレン製が多く使

用されています。


ポリプロピレン製は、強度、耐久試験をクリアし

ていますので問題は無いと考えられますが、

まだ歴史の浅い製品ですから、40年、50年と

実際に使用された実績はありません。




«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。