もっと良い家をもっと安く建てたい!

家は普通に普通の家を建てると大体30坪くらいの家で

1500万円から1800万円くらいかかります。

 

これ位の費用をかけて作ることが無理ではないと思う人はそのままこのような普通の

家づくりをされて問題ないです。

しかし、普通の家ではなくもっと良い家を建てたい!

 

もっと安く建てたいと思う人はこのような普通の家づくりではダメです。

良く考えてみてください。

家づくりにはどのようなお金が必要か?

そもそも家づくりとは設計図を作りその家に必要な材料を建材店から買い、

その買った材料を専門の職人に組み立ててもらうことです。

これ以上でもこれ以下でもありません。

ところが今の家づくりは設計図を作るのも材料を買うのも職人に組み立ててもらうのも

大きな建築会社に全てお任せで施主は完成するまで黙って見ているだけです。

こうなると家づくりに本当に必要な材料や職人の費用だけでは到底できなくなり、

大きな建築会社の利益や軽費まで施主が負担しなくてはならなくなります。

今の家づくりは材料代+職人の人件費+建築会社の経費利益=販売価格というようになっています。

施主さんにとっては大きな建築会社の経費利益分は本来は払わなくてもいい費用です。

簡単な間取りを自分で考え材料仕入れを自分でやりそれを腕の確かな職人に

組み立ててもらえば建築費というのは驚くほど安くなります。

そんなことが建築の知識がない普通の施主本当に出来るのか?

それができるんです。

もし、間取りがつくれないなら作れる人に頼めばいいし、材料を仕入れることができないなら

材料仕入れのプロに頼めばいいし、腕のいい職人を知らなければ知っている人に

紹介してもらえばいいだけです。

 

良い家を安くつくることは本当に簡単です。あなた自身が選択を間違わなければいいだけです。

設計施工材料仕入れ何かあった時の責任やアフターまでを大きな建築会社に全部まとめて依頼しないことです。

この選択をしないことがあなたの希望の家を無理しない価格で建てる秘訣です。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net