家の価格は大事ですけれど価格のマジックに騙されないように

価格は大事ですけれど価格のマジックに騙されないように
家を建てるとき複数の会社に図面と見積もりを出してもらい業者を決定するやり方のことを
相見積もりというんですが、相見積もりとは?

今日は、「目の前に提示された金額に惑わされないで!」の話です。
どうすれば相見積もりで迷ず、冷静に比べることができるでしょうか?

「比べること」は難しいと思います。

業者や担当が違えば違う家が建ちます。

ですから自分の希望が明確に整理されていない人は、あれもいい、これもいい、
と振りまわされてしまうんです。


こういう人は見積もりの前に、まだまだ考えなくてはいけない事がありますね。

それから、

例えば、カレー1人前1000円のお店とカレー1人前800円のお店。

あなたならどちらのお店に入りますか?

安いほうがお得なような気がしますよね。

では、このカレーの中身を覗いてみましょう。


無農薬で有機栽培の野菜を使った1000円のカレーと、

農薬たっぷりの野菜を使った800円のカレー。


中身を覗くことができれば、皆、少し高くても無農薬で有機栽培の野菜を使ったカレーを
選ぶんじゃないでしょうか?


以前、農薬入り餃子や、野菜や肉を国産と偽って実は外国産を使用していたというのを、
毎日のようにTVや新聞で目にしましたよね。


それは、消費者である私達には中身まで知ることができなかったからです。

本当の中身を知ることができれば、どちらが良いのか選ぶことができますよね。


住まいづくりも同じです。

残念なことですが、“相見積もりの時だけ段階を安く見積もりしておく”
とか“工事で手を抜く”というような業者も実際にいるんです。



以前「なぜ相見積もりをするのか?」の理由を挙げましたが、その中で、

・安く購入したいから。
 
・相見積りを出させ、安い所でしようと考えているから。

・見積りだけでも出させてほしいと言われたから。

というものがありましたね。


この場合の“見積もり”は大抵“無料”で行われているわけです。

「お見積もりは無料です」

一見親切そうに感じますよね。


しかし、実際に見積もりを出すってとても大変な作業なんです。

ある程度の住まいづくりのプランを立てなければできませんから、
かなりの時間と労力がかかります。


やはりそこにはお金が発生しているんです。

ではなぜ“無料”なの?


簡単です。


その業者で契約をしたお客様が、見積もり料金を払っているからです。

例えば、10人に見積もりを出して、1人契約したとします。

その1人が他の9人分の見積もり代も払っているんですよ。


契約した人はそのことを知らされていませんけどね。

会社ですから、ちゃんと利益を得るようになっているんです。





いや~依頼先選びってホント難しいですよね。

ただ、自分がどのような家をどこで建てたら一番なのかを

いろいろな角度から考えてください。


ただ一つ依頼先選びでアドバイスするなら、価格の安さだけで決めたら
失敗する可能性が大きいということです。


なぜなら、価格はプロならどうにでも操作できるもんですから・・・


そもそも、価格重視で安さを求めるなら

快適健康に暮らせる家は手に入りません。
【ゆっくり眠れそうな寝室】
クリックで拡大します

«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net