建築コストは全体で考える

建築コストは全体で考える
相見積もりで建築コストを比較する方は多いと思いますが、
その時の注意点は総合計で高い?安い?を判断することです。

基礎工事はA社が安いけど電気工事はB社が安い。
大工工事はA社が高いけど木材費はB社が高い。

建築会社の経費はA社が安い。B社は高い。


このように明細や工事別でいくら比べても意味はありません。

結局、施主が払うのは総額です。

総額でA社が安い。B社が高いという判断が正しい建築費の比較です。

もちろん、その家に使われている材料や住宅性能が同じという前提です。

仕様やグレードが違う家を価格で比べても意味ありません。
車に例えると、BMWと軽自動車を比べるようなものです。
比べるなら同じような家で比べないと意味がありません。

写真のように天井を張らない仕上げにすれば天井仕上げのコストが下がります。

クリックで拡大します

«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。