注文住宅の購入を検討している方へ!耐震住宅について!

注文住宅の購入を検討している方の中で、耐震住宅について気になっている方はいらっしゃいませんか。
地震が起こりやすい日本だからこそ、住宅の耐震性能には十分に気をつけたいものですよね。
そこで今回は、耐震住宅のメリットとデメリットについて佐賀の建築会社が解説します。

 

□耐震住宅のメリットとデメリットとは

住宅の耐震性能に気を遣うのは大切ですが、デメリットにもきちんと目を向ける必要があります。
ここからは、耐震住宅のメリットとデメリットについてそれぞれご紹介します。

まず耐震住宅のメリットとして1つ目に挙げられるのは、地震の対策にかかる費用を抑えられることです。
地震に備えるための性能は、耐震以外にも、制震や免震などが存在します。
ですが、これらの性能は耐震住宅にかかる費用よりも高額になることが一般的です。


また、工期の長さに関しても耐震住宅の方が優れていると言えます。

 

2つ目は、地震以外の自然災害の予防に効果があることです。


耐震住宅は、台風など強風にも高い効果を発揮します。
自然災害に対して対策してくれるのは嬉しいポイントですよね。

 

3つ目は、住宅設計の自由度の高さです。
免震性能によって地震から住宅を守る場合は、地下室を設けられないというケースが多いですが、耐震住宅であればこのような制限はなく、設計の自由度が上がります。

 

 

一方のデメリットとしては、住宅が損傷するリスクがあるということです。
耐震住宅は、実際に地震が発生した際に揺れが住宅にそのまま伝わってしまうので、損傷を負う可能性が高いです。
倒壊するリスクは抑えられても、住宅へのダメージを防ぐのは難しいので劣化が早まるなどのリスクが生じます。


このように耐震住宅にはメリットとデメリットが存在するため、どちらもよく踏まえた上で検討する必要がありますね。

 

□耐震住宅を考える際のポイントとは?

耐震住宅を検討している方は、これから紹介するポイントを抑えて耐震を考えて見ると良いでしょう。

そのポイントとは、地盤調査です。
注文住宅を建てる際に耐震を考えるのであれば、まず地盤調査を行うことがおすすめです。
いくら性能の良い耐震補強をしても、地盤に問題があれば倒壊するリスクが高まります。
したがって耐震について考える前に、まずは先に地盤の状況を確認しておくと良いですね。

 

□まとめ

今回は、耐震住宅のメリットとデメリットについて解説しました。
地震が多い国だからこそ、家を建てる段階ではきちんと対策を講じておくことが重要です。
ぜひこの記事で紹介したことを参考にして、理想の住宅を目指しましょう。

 

 

安くても理想の家を建てたい方はメルマガに登録ください。

あなたの理想の家づくりが実現します。

▽▽クリック

失敗しない家づくり塾(基本編)全6回・無料 (1lejend.com)

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。