注文住宅には商品という概念はありません

注文住宅を建てる会社で商品という言葉を使い

わが社の住宅は坪○○万円です。

とか言うことがあると思います。

 

また、ローコスト住宅も坪○○万円ということでPR

しているかと思います。

 

そして、工務店や建築会社によってある程度の

価格帯が決まっています。

 

大手ハウスメーカーなら坪○○万円。

この会社で建てるなら坪○○万円。

これはそれぞれの建築会社で

建てる家=商品が決まっているからですね。

 

完全な注文住宅というのはお施主様の

希望や予算を聞いてから建てるものです。

 

なので最初から価格が決まっているものや

仕様が決まっている家は注文住宅とは言えません。

そういう家は注文住宅ではなく一つの工業製品の商品です。

車や電化製品と同じです。

 

なので本当の注文住宅を建てている建築会社の家は

低価格の家もあるし高価格の家もあります。

 

だって、お施主様の予算や希望の家は人それぞれですから、

それを聞いてから建てるのが

注文住宅なので、同じ価格帯になるわけ無いのです。

 

私がお手伝いする家も総額1200万円くらいから6000万円くらいまで

ありました。

 

注文住宅と商品住宅。

どちらが良いか悪いかではなく、

あなたに合った住宅を選びましょうね。 😆

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net