佐賀で注文住宅を検討している方へ!注文住宅の予算の決め方について

注文住宅の予算の決め方が分からずお困りではないですか。
予算の決め方を知っておくことはとても大切です。
予算の決め方を知っておくと、スムーズに資金計画を進められますよ。
この記事では予算の決め方を紹介しますので、しっかり理解しておきましょう。
 
カンタンに言うとあなたが欲しい家をいくらの予算で建てるか?
ここをしっかり考えましょう。
ということです。
ここが曖昧だと後で予算が足らなかったり、希望の家にはならなかったりと失敗します。
逆にここがバッチリだともう家づくりは成功しています(笑)まずは資金計画です。
 

□予算の決め方とは

ここでは、予算の決め方を解説します。
まず、住宅購入にかけられる自己資金の額を決めましょう。
新たに入居する際には、引っ越しや入居費用、登記費用、税金など様々なコストがかかります。
そのため、貯蓄額のうちいくら手元に残しておくかしっかり考えてくださいね。
貯蓄全てを自己資金に充てるのではなく、初期費用や生活のために予備費を確保しておくことが大切ですよ。
次に、住宅ローンの借入金額を決めましょう。
 
借入額を決める際は、総支払金額を計算したうえで、毎月の支払額を明確にすることが大切です。
安定したローン返済ができるように、無理のない返済計画を立ててくださいね。
ローンの借入金額が決まったら、住宅の購入金額限度額を計算しましょう。
ただし、土地の購入も必要な場合は、資金のすべてを建物に充てられません。
土地代や借入資金を考慮したうえで、最終的に建物に充てられる予算を割り出すことを覚えておきましょう。
 

□予算オーバーを防ぐコツとは

しっかりと資金計画を立てても、予算を超えてしまうケースはあります。
できるだけ予算オーバーは避けたいですよね。
ここでは、注文住宅の予算オーバーを避けるためのコツを3つ紹介します。
1つ目のコツは、間取りの設計をシンプルにすることです。
間取りが複雑になるほど、材料費や工事費が高くなってしまいます。
 
そのため、設計をできるだけシンプルにすることでコストを抑えられますよ。
2つ目のコツは、設備や材料のグレードを低くすることです。
割安で高品質な設備やシンプルな内装材を選ぶことで、建築費用を抑えられるでしょう。
3つ目のコツは、面積を小さくすることです。
面積が大きいほど建設費用も高くなるため、面積を小さくするとコストを抑えられます。
使用頻度の低い部屋の面積を小さくすると良いでしょう。
 

□まとめ

今回は、一般的な予算の決め方や予算オーバーしないためのコツを紹介しました。
予算オーバーしないコツは、シンプルな設計にすること、設備や材料のグレードを低くすること、面積を小さくすることです。
予算オーバーしそうになった場合には、ぜひこの記事で紹介した3つのコツを思い出してくださいね。
 
一般的ではない建築サポート独自の家づくりは別記事でお伝えします。
 
 

«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。