限られた予算をどこにいくら使うのかが家づくりを失敗しないためのカギ

良い家を安く建てたい。

希望の家を安心予算内で建てたい。

できるだけ住宅ローンを少なくしたい。

夏涼しく冬暖かい家に暮らしたい。

家族が健康に快適に暮らしたい。

理想の家を建てたい。

ストレスがない楽しく家づくりをしたい。

たとえば34坪の2階建てを建てると計画しました。

間取りと外観のイメージ

 

そうすると予算をどう使うか? 建物本体で必要な費用は以下の通りです。

自然素材x高断熱x高耐震xデザイン住宅の総2階建ての事例。

➊施工費650万円税込み

⓶材料費880万円税込み

3⃣設計費150万円税込み

(材料費と設計費はお施主さんのご希望や間取り、デザインで高くなる場合もあります)

建物本体価格1680万円税込み 別途費用として地盤改良費、外構費、住宅ローンの経費、

登記費用など300万円程度必要です。

土地代が700万円だとしてトータルの家づくり費用は2680万円!

建築サポートのムダゼロの原価建築の予算配分です。

安さ優先にするか品質や性能優先にするかで予算配分は大きく違います。

同じ家を大手ハウスメーカーで建てると?

建物本体価格が2550万円税込みになりますから、建物だけでもその差は870万円の差が出ます。

 

良い家を安く建てるには予算配分が大事だということがわかりますね。

 

ちなみに大手ハウスメーカーの予算配分をざっくりと紹介します。

施工費650万円税込み

材料費900万円税込み

会社の経費利益1020万円

こんな感じです。

大手建築会社はどうしても経費や利益の部分が高くなります。

良い家を安く建てたい方は無料レポートを読んで良い家を安くを実現してください。

コチラをクリック

クリック

s://

失敗しない家づくりレポート

(ハウスメーカーで建てたい人は読まないでください)

無料プレゼント!家づくりに真剣な人だけのレポートです。


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。