建築業界の見積もりの不思議なところ?

 

コチラをクリック

クリック

失敗しない家づくりレポート

無料プレゼント!ttps://www.kashimacity.com/kenchiku-report/

見積もりに対する私の一つの考え方です。

 

気楽に読んでください。

 

 

 

家を建てる方が一番重要視するのが、住宅価格です。

 

この住宅価格の決め方には統一した決まりがありません。

 

車や電化製品のような姿形が実際に見えるものは、この商品が○○万円

 

ということで販売できます。

 

 

 

しかし、住宅とりわけ注文住宅の場合は姿形が見えない実際に存在する

 

ものではない為どの会社も見積書と言うものを出します。

 

 

ただ、この見積が正確で適正な見積だという保証は何もありません。

 

消費者は、今まで聞いたこともない名前の項目に数字と単価だけが

 

書かれた見積書に不安に思っているのです。どうしてその価格なのか?

 

 

価格の根拠が分からないため、提示された価格の内訳を見ても

 

高いか安いかもわからず、自分は高い家を買わされているのでは

 

ないかといった不安が消費者にはあるのです。

 

 

住宅業界が決まった様式の適正な価格の見積を出せば単順に高いか

 

安いか判断が簡単にできるので消費者にとっては、そのような見積書が

 

できるのが、望ましいと思います。

 

 

 

しかし、現在そういった動きは全く見られないのです。

 

住宅会社にとってはそのような見積ができれば、困る会社がほとんど

 

だと思うので、これは期待しない方がいいでしょう。

 

 

各社まちまちの見積書で価格の目安や基準が分からず不安を

 

招いていますが、もう一つ重要な問題があります。

 

 

 

実際の見積書には、材料代や人件費には住宅会社の利益分が

 

上乗せされている為、に本当の価格が見えにくくなっています。

 

その消費者の不安や心配を取り除くには、透明性の高い見積書を

 

出すしか方法はないと思っています。

 

 

一部の住宅会社では原価と諸経費を明確に分けた見積書を

 

提出している会社がありますが、この方式だと、自分の家に

 

使う材料がいくらなのか、システムキッチンが実際は

 

いくらなのかが分かり自分の予算内で好みに応じて

 

予算配分できるなどのメリットがあります。

 

ただ、その価格が適正かどうかは本当のところ誰にもわかりません。

 

しかし、透明性の高い見積書を出す事がこれからの住宅業界が

 

やるべきことではないのでしょうか。

 

会社経費として300万円から1000万円以上という

 

金額を見積書に堂々と載せる自信がない会社は、各項目に

 

上乗せし分からないようにごまかし不透明な見積書を

 

作るしか方法はないのです。

 

 

 

透明性の高い見積書を出すには、消費者の為のアフターサービス、

 

健全な会社経営のための会社経費を消費者が受け入れて

 

いただくような、適正な価格で品質の高い家を作らなければ

 

ならないということはいうまでもありません。

 

欲しい家を予算内で建てたいなら建築サポートがお教えします!

無料メルマガ:「ムダゼロの原価建築」に登録!!

家づくり経験45年の建築サポート高井がお伝えする誰でもカンタン理想の家づくりができる方法!

良い家を安く建てたい方は無料登録

ここをクリック!

 

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。